[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、欧州初上陸に意気込み 「ワクワクする。いいパフォーマンスができればいい」

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内の大橋ジムで会見。5月18日にスコットランド・グラスゴーで開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との大一番へ意気込みを口にした。

ロドリゲス戦に向けた意気込みを語った井上(中央)【写真:編集部】
ロドリゲス戦に向けた意気込みを語った井上(中央)【写真:編集部】

所属ジムで記者会見

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内の大橋ジムで会見。5月18日にスコットランド・グラスゴーで開催されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との大一番へ意気込みを口にした。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 ようやく決まった格好となった準決勝。当初は2、3月に米国で開催の可能性もあったが、大会側の問題でずれ込むような形に。1回戦から約7か月開く形となり、「ストレスもたまりましたが、グラスゴーに決まったということなので、準備をしっかりやっていければ」と気を引き締めた。

 WBSSでの2戦目で、欧州に初上陸。「またあの舞台でできることにワクワクする。ボクシングが盛り上がってるヨーロッパでやれる。いいパフォーマンスができればいい」と胸を躍らせている。

 井上は昨年10月7日に横浜アリーナで元WBA世界同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と1回戦を戦い、70秒KO勝利。一方のロドリゲスは同じく10月21日にジェイソン・モロニー(オーストラリア)に12回判定勝利で勝ち上がっていた。この一戦には井上も出向き、リング上で対面も実現していた。

 井上の戦績は17勝(15KO)。ロドリゲスは19勝(12KO)。全勝対決で、事実上の決勝と見る向きもある。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集