[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プリスコバ、大坂は「危険」と警戒も…本音チラリ「セリーナ以上に危険な選手いない」

テニスの4大大会・全豪オープンは23日、女子シングルス準々決勝で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同7位エリーナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-4、6-1で下して4強進出。一方、同8位カロリナ・プリスコバ(チェコ)が同16位セリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-4、4-6、7-5で下し、両者が準決勝で激突することが決まった。プリスコバは「ナオミは危険な存在」と警戒しながら「セリーナ以上に危険な選手はいないと思っている」と女王撃破に本音もこぼしている。英公共放送「BBC」が伝えている。

カロリナ・プリスコバ【写真:Getty Images】
カロリナ・プリスコバ【写真:Getty Images】

セリーナを撃破、次戦激突のプリスコバは大逆転勝ちで自信深める

 テニスの4大大会・全豪オープンは23日、女子シングルス準々決勝で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同7位エリーナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-4、6-1で下して4強進出。一方、同8位カロリナ・プリスコバ(チェコ)が同16位セリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-4、4-6、7-5で下し、両者が準決勝で激突することが決まった。プリスコバは「ナオミは危険な存在」と警戒しながら「セリーナ以上に危険な選手はいないと思っている」と女王撃破に本音もこぼしている。英公共放送「BBC」が伝えている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 最終セット、1-5と追い込まれ、マッチポイントを握られながら、あっと驚く大逆転劇を演じたプリスコバ。そのインパクトは自分にとっても大きかったようだ。

 記事によると、試合後は「私はほとんどロッカールームにいたの。でも、勝者としてここに立っている」と絶望的な状況だったことを振り返っている。

「私の心は5-1にされた時点でロッカールームに引き揚げていた。でも、ここに立つことができている。受け身になりすぎて、心が折れてしまっていたの」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集