[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織は「ファイターだ」 過去圧倒もジョコビッチは警戒「とても才能あるプレーヤー」

テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。23日の準々決勝の相手は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。自身は4回戦でダニル・メドベージェフ(ロシア)を3-1で下し、8強に駒を進めた。試合後に錦織との対戦に言及。「彼はとても才能あるプレーヤーだ」と警戒している。

全豪オープン準々決勝で顔を合わせるジョコビッチ(左)と錦織【写真:Getty Images】
全豪オープン準々決勝で顔を合わせるジョコビッチ(左)と錦織【写真:Getty Images】

準決勝で激突するジョコビッチが錦織を評価

 テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。23日の準々決勝の相手は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。自身は4回戦でダニル・メドベージェフ(ロシア)を3-1で下し、8強に駒を進めた。試合後に錦織との対戦に言及。「彼はとても才能あるプレーヤーだ」と警戒している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 5時間5分に及ぶ死闘を制した錦織を準々決勝で待ち受けるのは、世界NO1のジョコビッチ。通算の対戦成績は2勝15敗で、2014年の全米オープン準決勝で勝利して以来、14連敗中。錦織にとってはまさに天敵だ。

 ジョコビッチはメドベージェフを3時間15分で退け、錦織との決戦まで上ってきた。試合後に錦織との対戦について、英紙「ガーディアン」によると、ジョコビッチはこう話している。

「ケイは別のマラソンマッチに勝利した。2セットを取り返した戦いに祝福を送りたい。彼はファイターだ。彼はとても才能のあるプレイヤーだ。大会で最も素早い選手でもある」

 錦織の前に高い壁となって立ちはだかるジョコビッチ。5年ぶりの雪辱はなるのか。疲労度の差は顕著だが、奇跡に期待したい。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集