[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織は「素晴らしかった」 敗れたカレノブスタも納得「キャリアの中でベストの試合」

テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。敗れたカレノブスタも錦織を称えている。

錦織(左)にフルセットの末に敗れたカレノブスタ【写真:Getty Images】
錦織(左)にフルセットの末に敗れたカレノブスタ【写真:Getty Images】

激高する場面もあったが、試合後は素直に錦織を称賛

 テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。敗れたカレノブスタも錦織を称えている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 カレノブスタは1、2セットを連取。しかし、2-2に追いつかれ、最後は10ポイントタイブレークの末に惜敗。途中、ジャッジの判断を巡って猛抗議するも実らず、怒りをあらわにしたままコートを去った。

 それでも試合後に気持ちは落ち着いたようで、素直に錦織に対してのリスペクトを示している。

 試合をレポートしたATPツアー公式サイトによると、カレノブスタは「ケイが素晴らしいプレーヤーであることは分かっている。そして、彼がどんな時も戦ってくることもね。だから、第2セットが終わった時、この試合に勝ちたいのなら自分のベストのテニスを続けることが必要だった」と試合を振り返っている。

 そこから逆転負けを喫したことに関しても、錦織のプレーを認め「第3セット、第4セットともに僕のプレーは悪くなかったけど、ケイもまた素晴らしかった。とても緊迫した試合で、おそらく僕のキャリアの中でもベストの試合だろう」と拍手を送っている。

 悔しさのあまり、怒りを爆発させてしまうシーンこそあったが、錦織を苦しめたカレノブスタのプレーもまた見事だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集