[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、激闘後“午前1時の2ショット”公開に大反響「素敵な笑顔」「すぐにベッドへ」

テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。錦織は試合後にツイッターを更新。大会関係者との2ショットを公開し反響を呼んでいる。

全豪オープンで自身4度目の8強入りを果たした錦織【写真:Getty Images】
全豪オープンで自身4度目の8強入りを果たした錦織【写真:Getty Images】

トーナメントディレクターのクレイグ・ティリー氏との2ショットを公開

 テニスの4大大会・全豪オープンは21日、男子シングルス4回戦で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同23位パブロ・カレノブスタ(スペイン)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で大逆転勝ち。5時間5分の死闘を制し、2016年大会以来、自身4度目の8強進出を決めた。錦織は試合後にツイッターを更新。大会関係者との2ショットを公開し、反響を呼んでいる。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 5時間5分、今大会4戦中3試合目となるフルセットの激闘を制した錦織。試合後に1枚の写真を公開している。

 緑のパーカーを纏った錦織。はにかむケイの肩に手を回す、シャツ姿の紳士はオーストラリアテニス協会のCEO兼大会のトーナメントディレクターであるクレイグ・ティリー氏だった。激闘を労っているのだろう。優しい笑みを携えている。

 錦織は「クレイグ・ティリーがこんな遅い時間にまだここにいるのは驚きではないよ」とつづり、「#1am」とハッシュタグもつけ、現地時間の午前1時過ぎに公開。試合終了の時点で午後11時を回っていたが、その後2人は会場で出会ったようだ。ファンも続々と反響を寄せている。

「よくやった、ケイ!誇りだ」
「ケイ、何という試合だ。ゆっくり休んで」
「アメージングだ」
「すぐにベッドへ急いで」
「君のどこにそんなパワーが残っていた?」
「クレイグとの素晴らしい対面と素敵な笑顔だ」
「次の試合も頑張って」
「遅すぎるよ」

 錦織は23日の準々決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦が決まった。通算成績は2勝15敗と大きく黒星が先行。まずはリカバリーに専念し、天敵との決戦に備える。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集