[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ、復活の起爆剤となるか SP変更決断に母国反響「リスクがあるとは思わない」

20日に開幕するフィギュアスケートのロシア選手権に出場する平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワはシーズン中にショートプログラム(SP)のプログラムを変更を決断。ナタリー・コールの「オレンジ・カラード・スカイ」からジャコモ・プッチーニのオペラ「トスカ」となった。女王の決断に対し、早速、母国フィギュア界で反応が続々と集まっている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

ロシア選手権でシーズン中のプログラム変更、母国で反応続々集まる

 20日に開幕するフィギュアスケートのロシア選手権に出場する平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワはシーズン中にショートプログラム(SP)のプログラムを変更を決断。ナタリー・コールの「オレンジ・カラード・スカイ」からジャコモ・プッチーニのオペラ「トスカ」となった。女王の決断に対し、早速、母国フィギュア界で反応が続々と集まっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ロシアメディア「sports.ru」によると、14年ソチ五輪でペア、団体で金メダルを獲得したマキシム・トランコフ氏がメドベージェワのプログラム変更についてコメント。決断を支持している。

「そこには何の問題もない。とりわけ、これはシングルスケーティングだし、ペアでもなくアイスダンスでもない。プログラムの変更は難しい。ジェーニャはGPファイナルに出場しなかったので、プログラムを変えて滑り込む時間があった。何らかのリスクがあるとは思わない。何か新しいことを試し続けないといけない。もしかすると、彼女は以前のプログラムで心地悪さを感じていたのだろう。プログラムの変更に何の異常も見ません」

 さらに、今大会のメドベージェワに対する期待を問われると、トランコフ氏は努めて冷静に語り、エールを送っている。

「彼女は主要なスターの一人です。でも女子シングルではとても厳しい競争があり、誰を本命とするか名を挙げられません。大会は始まったばかりです。SPの後、見えてくるでしょう。でも、全般的にジェーニャに以前のレベルに戻って、自信のある滑りを見せてほしい。彼女の幸運を願わなければならない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集