[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、“殺人的”なキラーブローに海外震撼「レバーへの左は相手を麻痺させる」

ボクシングのWBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。世界的に称賛を浴び続けているモンスター。英メディアでは17戦全勝の3階級制覇王者の強烈無比なボディーを「殺人的なパンチ」と絶賛している。

バンタム級転向初戦のタイトルマッチで対戦した井上尚弥(左)とジェイミー・マクドネル【写真:Getty Images】
バンタム級転向初戦のタイトルマッチで対戦した井上尚弥(左)とジェイミー・マクドネル【写真:Getty Images】

英紙が井上の一撃必殺のキラーブローを絶賛

 ボクシングのWBAバンタム級王者・井上尚弥(大橋)はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。世界的に称賛を浴び続けているモンスター。英メディアでは17戦全勝の3階級制覇王者の強烈無比なボディーを「殺人的なパンチ」と絶賛している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 英紙「ザ・サン」では独自に「パウンド・フォー・パウンド」を企画。ボクシング熱の高い英国ではまだ戦っていない井上だが、堂々の7位に選出されている。

「The Monster」と呼ばれる男の最大の脅威は恐怖のボディショットだ。「イノウエはどちらの手でも相手を倒すことができるが、殺人的なボディパンチこそ、彼の犠牲者が最も恐怖する理由だ。レバーへの左フックは相手を麻痺させてしまう」と左の恐怖について分析している。

 昨年9月に米国で行われたアントニオ・ニエベス戦でもボディに強烈な左フックを沈めてダウンを奪うと、米メディアからも「崇高な左」と称賛されたほどの絶対的な武器だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集