[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 愛される羽生結弦 主役過ぎる“フライングピース”な1枚が話題「ユヅが戻ってきた」

愛される羽生結弦 主役過ぎる“フライングピース”な1枚が話題「ユヅが戻ってきた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝。絶対王者の強さを見せつけた羽生の演技後の姿には続々と称賛の声が上がっているが、フィンランドスケート協会はエキシビション後の出場選手の集合写真を画像で公開。羽生は中央でリフトされ、最も目立つ位置で写真に納まっており、周りのスケーターからも主役と認められていたようだ。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

エキシビションのフィナーレで撮影された集合写真が話題

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝。絶対王者の強さを見せつけた羽生の演技後の姿には続々と称賛の声が上がっているが、フィンランドスケート協会はエキシビション後の出場選手の集合写真を画像で公開。羽生は中央でリフトされ、最も目立つ位置で写真に納まっており、周りのスケーターからも主役と認められていたようだ。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 羽生の存在感は際立っていた。エキシビションのフィナーレで撮られた集合写真。アリーナ・ザギトワ(ロシア)、坂本花織(シスメックス)ら30人以上のスケーターが一堂に介したが、主役はやはり羽生だった。中央の位置でほかのスケーターからリフトされ、頭一つ抜けた位置でピースサイン。華やかな集団の中でもやはり、ひときわ目立っていた。

 同協会は公式インスタグラムにこの1枚を掲載。コメント欄や、ツイッター上には写真に対する反響の声が相次いでいた。

「ユヅが戻ってきた!」
「ベイビー・ユヅが持ち上げられてる」
「ありがとうフィンランドのスケート」
「素晴らしいイベントを主催してくれてありがとう」
「偉大な仕事」

 羽生と言えば、平昌五輪のフィナーレでも周りの選手に担がれて、集合写真に納まっていた。仲間からも愛される。そんな人柄も王者の魅力の一つなのだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー