[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥の“恐怖の挑戦状” 伝説70秒KOを英誌再評価「戦慄メッセージ送りつけた」

井上尚弥の“恐怖の挑戦状” 伝説70秒KOを英誌再評価「戦慄メッセージ送りつけた」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。WBSS初戦の元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を下した70秒殺劇の余韻は広がり続け、英専門誌は「バンタム級のライバルに戦慄のメッセージを送りつけた」と評価している。

井上が見せた70秒KO劇を英専門誌が再評価している【写真:Getty Images】
井上が見せた70秒KO劇を英専門誌が再評価している【写真:Getty Images】

英専門誌がアジア勢ボクサー回顧、井上のパヤノ戦KO劇の余韻は冷めず

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。WBSS初戦の元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を下した70秒殺劇の余韻は広がり続け、英専門誌は「バンタム級のライバルに戦慄のメッセージを送りつけた」と評価している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「アジアのシーン」と特集したのは、英ボクシング専門誌「ボクシング・マンスリー」だった。アジア勢ボクサーの戦いを振り返る中、WBSSシーズン2の衝撃の開幕戦の主役となったモンスターに再びスポットライトを当てている。

「ナオヤ・イノウエはWBSS準々決勝で究極的な瞬殺劇に成功した。10月7日、横浜アリーナでたった70秒でフアン・カルロス・パヤノをぶっ飛ばしてしまったのだ」

 これまで一度もKO負けのなかった難敵を70秒間で仕留めた井上の戦いをこう評価している。

「目隠しのジャブに続く、木っ端微塵の右で2018年で2度目の初回KO勝ちを記録した。彼の最近のパフォーマンスで、今大会に参加しているバンタム級のファイターに戦慄のメッセージを送りつけた」

 記事では圧巻の秒殺劇で、バンタム級のチャンピオンがずらりと揃った今大会に対して“恐怖の挑戦状”になったと指摘。来春、ラスベガスが開催地候補に浮上している準決勝。海外メディアからも「井上強し」の評価を揺るぎないものにしている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー