[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂、涙の終戦後は“最後”のナオミ節「犬に会いたい。覚えてくれてるといいけど」

大坂、涙の終戦後は“最後”のナオミ節「犬に会いたい。覚えてくれてるといいけど」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)戦で第1セットを3-6で落とした後に涙の途中棄権。3戦全敗で敗退が決定し、これが今季最終戦となった。大坂は試合後、第1戦で左太もも裏を痛めたと告白。またシーズンを振り返り、来季もサーシャ・バインコーチとコンビを組む意向を明かした。

途中棄権したベルテンス戦が今季最終戦となった大坂【写真:小林 靖】
途中棄権したベルテンス戦が今季最終戦となった大坂【写真:小林 靖】

最後は笑顔のナオミ節、らしさ全開の一問一答「家に帰れるのが楽しみ」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)戦で第1セットを3-6で落とした後に涙の途中棄権。3戦全敗で敗退が決定し、これが今季最終戦となった。大坂は試合後、第1戦で左太もも裏を痛めたと告白。またシーズンを振り返り、来季もサーシャ・バインコーチとコンビを組む意向を明かした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最後までコートに立ち続けられなかった。左太ももにテーピングを巻いて出場した大坂は第8ゲーム終了後にメディカルタイムアウトを取り、一度はプレーを続行。しかし、直後の第9ゲームでミスを連発して精彩を欠き、3-6でセットを落とした。ベンチに戻るとタオルで目元を押さえて涙。棄権を宣告し、3戦全敗で敗退が決まった。

 試合後は観衆からスタンディングオベーションで送り出された大坂。これが今季最終戦となった。会見では第1戦のスローン・スティーブンス(米国)戦で左太ももを痛めたことを明かす一方、何度も沸かせてきたナオミ節も笑顔で披露。大躍進のシーズン締めくくりまで、らしさ全開の“最後の会見”となった。一問一答は以下の通り。

――来季について。

「数週間は休めと言われた。家に帰れるのが楽しみ。全米以来、帰ってないので。だいたい休み初日はボケーっとできて嬉しいんだけど、2日目からは休みに飽きちゃう。まともにバケーションを取ったことがない。もう何か月も犬に会ってないので、早く会いたい。覚えてくれていると良いけど(笑)」

――コーチには何と言われた。

「棄権しなければいけなかったので、ムカついていた。ただ、サーシャは今年成し遂げたことは誇りに思うべきだと言われた。そう言われて納得できたけど、会場を後にする際、いろんな人から頑張ったと言われて、ちょっと悲しかった」

――今まででベストシーズンか。

「結果を見ればそうかもしれないけど、いつも先を見ている。2019年へ向けてワクワクする」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー