[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、涙のシーズン終戦 初戦で左足痛発症と告白「やっぱり無理だった」

大坂なおみ、涙のシーズン終戦 初戦で左足痛発症と告白「やっぱり無理だった」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)戦で第1セットを3-6で落とした後に途中棄権。3戦全敗で敗退が決定した。涙で棄権を宣告した大坂は左太もも裏痛を明かし、「今日はまともに練習すらできなかった」と語った。

WTAファイナル初戦で左足痛発症と告白した大坂【写真:小林 靖】
WTAファイナル初戦で左足痛発症と告白した大坂【写真:小林 靖】

涙の棄権、第1戦で左太もも裏を痛めたと明かす「プレーすればするほど酷くなった」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)戦で第1セットを3-6で落とした後に途中棄権。3戦全敗で敗退が決定した。涙で棄権を宣告した大坂は左太もも裏痛を明かし、「今日はまともに練習すらできなかった」と語った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 限界だった。大坂は第1セットを終えるとベンチに座り、目に涙を浮かべた。タオルで拭うが、堪え切れない。そして、そのまま棄権を宣告。メディカルアウトを取り、一度はプレーを続行したが、体がついてこなかった。この瞬間、3戦全敗で敗退が決定。21歳で掴んだファイナルは、無念の形で終戦となった。

 試合後、大坂は「左ハムストリングを最初の試合で痛めた」と第1戦のスローン・スティーブンス(米国)戦で違和感を覚えたと告白。「そこからプレーすればするほど酷くなって、今日はまともに練習すらできなかった。ただ、今年最後の大会だし、たくさんのファンが応援してくれていたのでトライしてみたけど、やっぱり無理だった」と明かした。

 シーズン最終盤で挑んだファイナル。2戦連続2時間超となった前戦のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)で左太ももを気にする仕草を見せ、試合後は「痛いとは言いたくないけど、あまりいい感じじゃない。体が悲鳴を上げている」と満身創痍であることを明かしていた。それでも、コートに立った3試合。全米オープンを制するなど歴史的な躍進を遂げた功績が褪せることはない。

 年間8選手のみが出場できる夢の舞台で掴んだ経験を来季に生かしたい。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー