[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 涙の大坂に会場総立ち “棄権後の抱擁”に海外ファン感動「早く復帰してナオミ」

涙の大坂に会場総立ち “棄権後の抱擁”に海外ファン感動「早く復帰してナオミ」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)戦で第1セットを3-6で落とした後に途中棄権。3戦全敗で敗退が決定した。試合後は涙を流し、ベルテンスと抱擁。会場から総立ちでスタンディングオベーションが送られたシーンをWTAが動画付きで公開し、海外ファンに「早く復帰してナオミ」「テニス界にはあなたが必要」とエールと感動が広がっている。

ベルテンス戦で途中棄権となった大坂は涙を流した【写真:小林 靖】
ベルテンス戦で途中棄権となった大坂は涙を流した【写真:小林 靖】

涙の棄権後、ベルテンスと抱擁、会場にスタンディングオベーションが起こる

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は26日、1次リーグ第3戦の世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)がキキ・ベルテンス(オランダ)戦で第1セットを3-6で落とした後に途中棄権。3戦全敗で敗退が決定した。試合後は涙を流し、ベルテンスと抱擁。会場から総立ちでスタンディングオベーションが送られたシーンをWTAが動画付きで公開し、海外ファンに「早く復帰してナオミ」「テニス界にはあなたが必要」とエールと感動が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 夢のWTAファイナル、最後の景色はゆがんで見えた。第1セットを終えるとベンチで涙を流し、棄権を宣告。これが敗戦とともに敗退を意味することは理解していた。自然とこみ上げるものがあった。だから、2戦連続2時間超の死闘を経て、テーピングを巻いて挑んた一戦。そんな奮闘した21歳を会場にいた誰もが称えた。

 すぐさま歩み寄ったベルテンスと抱擁。そして、涙をぬぐって主審と握手を交わした。勝ったベルテンスも配慮し、コートの中央に出て声援を受けず、大坂に歓声を向けた。すると、会場も総立ちとなって敗れた日本の全米女王へ拍手喝采。退場する様子をベルテンスも手を叩き、見守っていた。感動的なシーンだった。

 笑みを作りながら、声援に応えた大坂。まさかの結末となったが、WTAは「キキ・ベルテンスがWTAファイナルの準決勝に勝ち進んだ! ナオミ・オオサカは怪我のため棄権を強いられた」と公式ツイッターにつづり、一連の様子を動画付きで速報。すると、目の当たりにした海外ファンも勝者より大坂に言葉を向けていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー