[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、次戦への思いを封印「結果次第で変わる。先のことは全く考えていません」

村田諒太、次戦への思いを封印「結果次第で変わる。先のことは全く考えていません」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。18日(日本時間19日)は試合会場となる米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した。

米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した村田諒太とロブ・ブラント【写真:編集部】
米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した村田諒太とロブ・ブラント【写真:編集部】

決戦まであと2日、公式記者会見に出席

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。18日(日本時間19日)は試合会場となる米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 否が応でも気持ちが高まる。決戦を2日後に控え、実際に試合が行われる会場での記者会見。村田は終始厳しい表情を崩さなかった。日米メディアから激しいフラッシュがたかれる中で、「このチャンスを頂いて感謝しています。いいトレーニングが積めている。自信をもってリングに上がるだけです」とかみしめるように言葉を並べた。

 司会者からゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)戦など、今後へ向けた質問に対しては「この試合に集中するだけ。結果次第ですべて変わる。先のことは全く考えていません」と冷静に話した。

 気負いはなさそうだ。会見後の囲み取材では数十人の日本人記者に囲まれ、「何も変わらないですよ。日本人の記者がこんなに来てくれているので、あんまり変わらない。米国でやっているという感じはそこまでない」とリラックスモード。会見で表情が硬かったことには、「緊張は全くしなかった。疲れてもないが、面白いものじゃないでしょう」と苦笑いだった。

 自身3度目のラスベガスでの試合だが、メーンイベンターを務めるのは初めて。さらには指名挑戦者が相手となる。「嬉しいです。わかりやすいんでね。そこのモチベーションの方が高かった。指名挑戦者に勝てば、王者として言う権利が出るだろうし、王者の地位も確立されると思うので、そういう意味でも楽しみです」。過去最強の相手と目されるブラントを破り、ミドル級戦線での地位を確固たるものにできるのか――。決戦まであと2日だ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー