[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太がベガスを「思い出の地」と語る理由 「感慨がある。色々と思い出しますね」

村田諒太がベガスを「思い出の地」と語る理由 「感慨がある。色々と思い出しますね」

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。17日(日本時間18日)は現地で公開練習を行った。デビュー前を過ごした思い出の地での最終調整を終え、村田は感慨をのぞかせた。

デビュー前を過ごした思い出の地での最終調整を終えた村田諒太【写真:編集部】
デビュー前を過ごした思い出の地での最終調整を終えた村田諒太【写真:編集部】

思い出の地で最終調整を行った村田、ラスベガスへの思いを語る

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。17日(日本時間18日)は現地で公開練習を行った。デビュー前を過ごした思い出の地での最終調整を終え、村田は感慨をのぞかせた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 トップランクジムは、ド派手なイメージの巨大なカジノホテル群からほど近いが、ジム自体は2つのリングにサンドバックがいくつかつるされた実に簡素な、まるで倉庫のような造り。この殺風景なジムこそ、村田がデビュー前から試合のたびに訪れ、汗を流してきた思い出の場所だ。

「トップランクのジムに戻ってきて、デビュー前にここで練習していて、夢に描いていたことの一つとしてあったこと。それが実現できたことはうれしく思います。感慨がありますね。色々と思い出されるものがあります」

 5年前に描いていた夢が現実となった。昨年、チャンピオンベルトを獲得してから訪れるのは初めて。ベガスの舞台でメーンイベントを務めることに感慨深い思いはひとしおだった。

 ラスベガスの舞台に上がるからには、自覚がある。非常に順調な調整を積んできた。体重もリミットまでわずか。「明日計量と言われても落とせるくらい。順調です」と強調する。「ご飯が食べたいですね。白いご飯食べたい。日本人として行きつくところはそこですね。(計量後に)何を食べて元気になろうかと思った時に思いつくのが白米ですね」と笑いながら話すほど、状態のいい証拠だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー