[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥出場のWBSS、問題児ネリの参戦を拒否していた 「信用に値しない」と一蹴

井上尚弥出場のWBSS、問題児ネリの参戦を拒否していた 「信用に値しない」と一蹴

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、横浜アリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦を迎える。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

WBSS仕掛け人ザワーランド氏が単独インタ第2回で舞台裏を告白「彼はリスクです」

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、横浜アリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦を迎える。世界最強王座決定戦のプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏が「THE ANSWER」で日本メディア初となる単独インタビューに応じた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 バンタム級では3団体のチャンピオンが集結したが、WBC王者は不参戦となった。全3回に渡るインタビュー第2回は、3月の山中慎介(帝拳)とのWBCタイトルマッチで、体重超過で王者剥奪となったルイス・ネリ(メキシコ)の参戦要求を拒否していたことを明かした。

 ◇ ◇ ◇

 5日に都内で行われたWBSSシーズン2開幕の記者会見の最後に、ザワーランド氏はパヤノがバックステージでペットボトルの水を飲み干していたエピソードを披露。ファイターにウェートを作ること、過激な減量方法を採用しないことを強調していた。大物プロモーターにはボクシング界を震撼させたネリの騒動が念頭にあった。

「確かにルイス・ネリの問題に関連することです。我々は以前、ネリの参加を検討したこともあったのです。彼もキャラクター的に明るい。私たちは才能あふれるファイターを求めていますから、その部分は問題ない。そして、彼はWBSSに参加したいと希望してきました。ですが、我々の答えは明確でした。ノーです」

 参加8選手の発表前、ネリ参戦はメディアで浮上していた。ザワーランド氏はネリ陣営からの今大会参戦要求が届いていたが、これを一蹴したことを明らかにした。メキシコの実力者に対する門前払いの理由は明確だった。

「なぜなら、彼は十分ではない。信頼に値しないからです。犯罪者に例えるとしましょう。彼は罪を犯して、刑期は終えています。彼の資格停止期間の長さが妥当だったのかどうかを決めるのは我々ではありません。それぞれの団体の役目です。資格停止期間が終われば、ボクシングをすることは自由です。しかし、我々は彼の資質、そして、経歴に目を向けました。我々としては彼はウェートを作らないだろう、という結論を下しました」

 ネリが参戦すれば、再び体重超過を犯すとWBSSは判断したという。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー