[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥出場のWBSS、問題児ネリの参戦を拒否していた 「信用に値しない」と一蹴

「THE ANSWER」で日本メディア初となる単独インタビューに応じたカレ・ザワーランド氏【写真:荒川祐史】
「THE ANSWER」で日本メディア初となる単独インタビューに応じたカレ・ザワーランド氏【写真:荒川祐史】

ザワーランド氏「スポーツ界にドーピングの介在する余地はない」

 ネリは過去に2度スキャンダルを起こしている。昨年8月の当時WBC世界バンタム級王者の山中戦で4回TKO勝ちを収めたが、翌月にドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールの陽性反応が出た。今年3月の山中との再戦では前日計量で118ポンド(53.5キロ)の規定を5ポンド(2.26キロ)も超過。123ポンドを計測し、試合前に王座を剥奪されていた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 ネリは2回でTKO勝ちを収めたが、WBCから無期限資格停止処分を言い渡された。その後、無期限資格停止処分が6か月に変更されたため、10月開幕のWBSSには間に合ったが、ザワーランド氏は問題児の参戦を断固拒否した。

「確かにウェートに関しては計量の瞬間までわかりません。誘惑にケーキ1個でも口にしてしまえば体重超過という厳しい世界です。しかし、ネリは(山中戦で)一度ウェートを作りませんでした。そして、他の一度はウェートを作りましたが、それはファットストリッパー(筋肉増強剤)によるものです。彼はウェートを作るかどうかという賭けがあるなら、私自身も“作らない”の方に賭けたでしょう。それが決定的な要素です。彼はリスクです。モハメド・アリの名前をかけたトロフィーとWBSSのブランディングを汚すという判断です。スポーツの世界にドーピングの介在する余地はないのです」

 こう語る口調は厳しい響きを帯びていた。「神の左」と呼ばれたレジェンド・山中のラストバトルで2度に渡る違反を犯したネリ。WBSSという最強王者を決めるボクシング界の最大の祭典に、自らの愚行が理由で立つことは許されなかったのだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集