[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平が「ムードを良くした」 激動の1年目を指揮官が回想「素晴らしい対話力」

大谷翔平が「ムードを良くした」 激動の1年目を指揮官が回想「素晴らしい対話力」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功した。球団が発表した。二刀流復活へ向けて、まずは第一歩を踏み出した怪物だが、今季限りで退任するソーシア監督はその人間性を絶賛している。米メディアが伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ルーキーイヤーの振り返りを米メディアが特集

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、右肘靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功した。球団が発表した。二刀流復活へ向け、まずは第一歩を踏み出した怪物だが、今季限りで退任するソーシア監督はその人間性を絶賛している。米メディアが伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 1年目を終え、打者として打率.285、22本塁打、61打点。投手としては右肘を痛め10試合の登板に終わったが、4勝2敗、防御率3.31と投打に十分なインパクトを残した。米メディア「スポルティング・ニュース」はシーズンを振り返り、「ショウヘイ・オオタニは激動のルーキーイヤーにおいて、ほぼすべての障害を克服した」と題して特集している。

 記事では大谷の今季の成績を振り返りつつ、ソーシア監督のコメントを紹介している。

「ショウヘイ・オオタニがしてきたことは簡単ではない。彼が成し遂げたことは並外れたものだ。投手としては、彼は素晴らしい相手打線を支配して封じ込めた。打撃面では、そのスイングスピードでパワーを見せつけた。疑いようのない事実だ」と投打にわたる高水準の活躍をたたえている。

 またエリック・ヒンスキー打撃コーチは「彼はボールを最後まで待つことができ、そしてどのような球にも積極的な反応を示すことができる」と好調を維持した打棒について言及している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー