[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • セリーナの試合は裁けない!? 審判がボイコット検討「誰も守ってくれない」

セリーナの試合は裁けない!? 審判がボイコット検討「誰も守ってくれない」

テニスの全米オープン女子シングルス決勝は大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破り、グランドスラム初優勝を達成したが、波紋を呼んだのは警告を受けたセリーナのカルロス・ラモス主審に対する暴言。「あなた、謝りなさいよ」などの発言がマイクに拾われ、会場中からブーイングが起きる事態となった。ラモス主審が観衆の反感を買うこととなったが、この異常事態を受けて審判たちがセリーナの試合をボイコットする動きが出てきているという。海外メディアが報じている。

セリーナ・ウィリアムズによるラモス主審に対する暴言を受け、審判たちにはボイコットの動きも【写真:Getty Images】
セリーナ・ウィリアムズによるラモス主審に対する暴言を受け、審判たちにはボイコットの動きも【写真:Getty Images】

審判がセリーナの試合をボイコットする動きが浮上

 テニスの全米オープン女子シングルス決勝は大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破り、グランドスラム初優勝を達成したが、波紋を呼んだのは警告を受けたセリーナのカルロス・ラモス主審に対する暴言。「あなた、謝りなさいよ」などの発言がマイクに拾われ、会場中からブーイングが起きる事態となった。ラモス主審が観衆の反感を買うこととなったが、この異常事態を受けて審判たちがセリーナの試合をボイコットする動きが出てきているという。海外メディアが報じている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 セリーナが起こした未曽有の騒動。過激な暴言を吐き、その後もラケット破壊、ラモス主審に対する「盗人」呼ばわりなど3つの違反により、1ゲーム没収のペナルティを言い渡された。しかし、これがセリーナファンが埋め尽くした観衆の反発を買い、ブーイングが吹き荒れる展開となった。

 例え全うなジャッジを行っていたとしても、観衆の反発を買ってしまう。こうなると、審判たちがセリーナの試合を裁きたくなくなるのは仕方がないことか。米紙「USAトゥデー」は、「審判たちはセリーナ・ウィリアムズに対して、対抗しようとしていることが報じられている」と伝えている。

 同紙は英紙「タイムズ」や英紙「ガーディアン」の報道を引用する形で、審判たちがセリーナの試合をボイコットする動きがあること、また審判たちが組合化を検討していることを紹介している。また同紙は統括団体の姿勢も明らかにしている。

「WTA(女子テニス協会)とUSTA(全米テニス協会)は性別に基づく差別だというウィリアムズの主張に賛同している。グランドスラム大会の審判などを管轄する国際統括団体であるITFは、ラモス審判を擁護する姿勢をとっている」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー