[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織&大坂の8強は「驚かない実力」 松岡氏が“修造節”で絶賛「松岡修造はまぐれ8」

錦織&大坂の8強は「驚かない実力」 松岡氏が“修造節”で絶賛「松岡修造はまぐれ8」

テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは3日(日本時間4日)、男女シングルス4回戦で世界ランク19位の錦織圭(日清食品)と大坂なおみ(日清食品)がそろって準々決勝進出を決めた。日本勢が4大大会で複数8強に駒を進めるのは95年ウィンブルドンの松岡修造、伊達公子以来23年ぶり。当事者の松岡氏は自身のブログで「松岡修造がベスト8に入ったのはまぐれ8。錦織選手、大坂選手はベスト8入りしても驚かない実力の選手たち。まさにここからがスタートだ!」と“修造節”で絶賛している。

準々決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】
準々決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】

松岡&伊達以来のW8強に拍手「タフな忍耐圭」「なおみキャンドルが進化!」

 テニスの今季4大大会最終戦、全米オープンは3日(日本時間4日)、男女シングルス4回戦で世界ランク19位の錦織圭(日清食品)と大坂なおみ(日清食品)がそろって準々決勝進出を決めた。日本勢が4大大会で複数8強に駒を進めるのは95年ウィンブルドンの松岡修造、伊達公子以来23年ぶり。当事者の松岡氏は自身のブログで「松岡修造がベスト8に入ったのはまぐれ8。錦織選手、大坂選手はベスト8入りしても驚かない実力の選手たち。まさにここからがスタートだ!」と“修造節”で絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 熱い男が日本勢の躍進に、さらに熱くなった。錦織と大坂がそろって準々決勝進出。大坂は試合後に自身のツイッターで松岡氏との2ショットを掲載し、話題を呼んでいたが、松岡氏も自身以来となる日本勢の4大大会複数8強に歓喜の声を上げた。

 試合後に自身のブログを更新。2年ぶり3度目の8強進出となった錦織については「タフな忍耐圭」「タフな頭脳圭」「タフな走力圭」と項目を立てて展開し、タフに戦い抜いたと称賛。「泥臭いテニス。今日の圭は、ストロークでじわじわ粘って相手の息の根をとめていくような、ミスのないプレイだった」「圭は角度をつけたショットを多用し、相手に同じポジションで構えて打たせない状況を作った」「3回戦、4回戦と本当にタフな試合を乗り切っている」と絶賛している。

 さらに、準々決勝に向けても「さぁ、準々決勝はマリン・チリッチ。2014年の全米決勝では悔しい思いをしたが、ここまでタフに辛抱強く戦ってきた圭なら、きっとやってくれると信じている!」とエールを送った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー