[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥が「10.7」の主役 他階級Wヘッダーも大会公式が認定「モンスターの夜」

井上尚弥が「10.7」の主役 他階級Wヘッダーも大会公式が認定「モンスターの夜」

ボクシングの階級別世界最強決定戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に出場するWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、1回戦(10月7日・横浜アリーナ)で元WBA世界同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する。WBSS公式サイトでは井上をクローズアップして紹介している。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

同日にWBSSスーパーライト級初戦も主役は井上

 ボクシングの階級別世界最強決定戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に出場するWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は1回戦(10月7日・横浜アリーナ)で元WBA世界同級スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する。同じ会場では、大会の別階級の試合も組まれることが決まったが、WBSS公式サイトは「モンスターの夜」とした上で井上を主役としてクローズアップしている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 階級別世界最強決定戦の主役は「The Monster」が張る。いよいよ幕開けが迫るWBSS。井上がバンタム級1回戦に登場する10月7日は、同会場でスーパーライト級1回戦、WBA世界スーパーライト級王者キリル・レリク(ベラルーシ)―エドゥアルド・トロヤノスキー(ロシア)もダブルヘッダーで行われることが決まった。

「アリ杯シーズン2は今秋、横浜での“モンスター”の夜にキックオフ」と公式サイトではWBSSダブルヘッダー決定を速報した。今年で2度目を迎えるWBSS開幕戦の舞台は、井上の本拠地・横浜。大会開始前から16戦無敗の3階級王者は優勝候補本命に推されており、まさにモンスターの夜とになると大々的に紹介されている。

「我々は今回の準々決勝(1回戦)をダブルヘッダーで行う。同じ階級の組み合わせにはならないかもしれないが、毎回ダブルヘッターを楽しめる。6週間で12試合、アジア、アメリカ、英国、ヨーロッパ、世界中で行う。待ちきれないよ」

 こう声明を発表したのはWBSSのプロモーター、カレ・ザワーランド氏だ。同日の同会場でWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(BMB)も同級6位ミラン・メリンド(フィリピン)と4度目の防衛戦に挑む。豪華絢爛なトリプル世界戦の主役は井上。ド派手なKO勝ちを見せてくれるだろうか。「10.7」の横浜の夜は熱くなる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー