[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 金足農の快進撃で脚光、“壊れツイート”の地元局の担当者を直撃「ここまでとは…」

金足農の快進撃で脚光、“壊れツイート”の地元局の担当者を直撃「ここまでとは…」

第100回全国高校野球選手権記念大会の準々決勝が18日に行われ、金足農(秋田)が近江(滋賀)に9回裏に2ランスクイズを決めて逆転サヨナラ勝ち。1984年以来、34年ぶりの4強進出を決めた。ドラマのような展開の一方で、同時に大きな注目を集めているのが、地元放送局「秋田朝日放送」の連日の絶叫ツイートだ。「THE ANSWER」では同局の担当者を直撃。舞台裏を聞いた。

金足農の躍進で注目を集める「秋田朝日放送」のツイッター担当者が舞台裏を語った
金足農の躍進で注目を集める「秋田朝日放送」のツイッター担当者が舞台裏を語った

「あああ…」ツイートが話題の秋田朝日放送を直撃

 第100回全国高校野球選手権記念大会の準々決勝が18日に行われ、金足農(秋田)が近江(滋賀)に9回裏に2ランスクイズを決めて逆転サヨナラ勝ち。1984年以来、34年ぶりの4強進出を決めた。県内出身だけで構成されたチームが、強豪を相手に劇的な勝ち方を続ける姿は高校野球ファンの共感を呼び、また一人で投げ続けるプロ注目の150キロ右腕・吉田輝星投手(3年)は4試合で615球の熱投を続けている。ドラマのような展開の一方で、同時に大きな注目を集めているのが、地元放送局「秋田朝日放送」の連日の絶叫ツイートだ。「THE ANSWER」では同局の担当者を直撃。舞台裏を聞いた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 金足農の快進撃と共に、にわかにスポットライトを浴びているのが「秋田朝日放送」のツイッターだ。8回に逆転した3回戦・横浜戦(17日)では勝利の瞬間に「アアアアア…」と「ア」だけで28文字のツイートを発信。「落ち着け」「壊れたのか」など“中の人”を心配する声も寄せられるなど、大きな話題を呼んだが、準々決勝では逆転サヨナラの瞬間に、今度は「ああああああ…」と「あ」だけを71連発。「秋田朝日放送も半端ない」など、再び脚光を浴びていた。

 かつてないほどの盛り上がりを見せている同局のツイッター。担当者の一人は反響の大きさに半ば喜び、半ば戸惑いつつも、内幕を教えてくれた。

 同局のツイッターには“中の人”は複数人いるが、3回戦、準々決勝を担当したのは女性だという。もともと野球にさほど興味があったわけではないが、地方大会から担当するうちに、自然と愛着が沸いてきたという。それが甲子園となればなおさらだ。勝ち上がる過程を見守ってきた金足農に感情移入したがゆえの、絶叫ツイートになったようだ。

「当日のツイッター担当者のストレートなつぶやきです。横浜戦の時は、当初はあそこまで反応があるとは気づかず、応援する気持ちのままに思ったままに叫んだみたいです。それがヤフーの話題に乗っている。本人もびっくり、社内もびっくりでした。社員の家族や知り合いから、『大変なことになっているよ』と反響があってから気づきました」

 もともとツイッターは活用しており、地方大会ではイニング毎の結果などシンプルにツイートしていた。金足農の甲子園出場が決まってからは、もう少し盛り上げられればとツイートの数自体を増やしていったという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー