[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一人で投げ抜いた上野由岐子を米指揮官は大絶賛「素晴らしいとしか言いようがない」

ソフトボールの世界選手権(ZOZOマリン)は12日、決勝で世界ランク2位の日本が準決勝で敗れた同1位の米国に延長タイブレークの末に6-7で10回サヨナラ負け。7回完封した3位決定戦から“中3時間半”で先発したエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)が162球7失点で“魂の1日2完投”も力尽きた。一方、連覇で11度目の優勝を飾った米国のケネス・エリクセンヘッドコーチ(HC)は上野の超人的な投球を絶賛した。

上野の超人的な投球に、賛辞が寄せられている【写真:荒川祐史】
上野の超人的な投球に、賛辞が寄せられている【写真:荒川祐史】

米国エリクセンHCは自国のことより先に上野の投球に賛辞連発

 ソフトボールの世界選手権(ZOZOマリン)は12日、決勝で世界ランク2位の日本が準決勝で敗れた同1位の米国に延長タイブレークの末に6-7で10回サヨナラ負け。7回完封した3位決定戦から“中3時間半”で先発したエース・上野由岐子(ビックカメラ高崎)が162球7失点で“魂の1日2完投”も力尽きた。一方、連覇で11度目の優勝を飾った米国のケネス・エリクセンヘッドコーチ(HC)は上野の超人的な投球を絶賛した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最後は米国の底力が上回った。10回表に2点を勝ち越され、万事休すかと思われたが、最強軍団はあきらめていなかった。その裏、無死二塁から始まるタイブレークで上野を攻めた。1死三塁からスポールディングの右前打で1点差に迫ると、2死一、三塁でムンロが左中間へのエンタイトルツーベースを放ち同点。続くスチュワートが三塁線を破り、逆転サヨナラ勝ち。最後は下位打線が上野を捉えての、劇的な優勝だった。

 試合後、まずエリクセンHCの口を突いたのは、チームのことよりも上野への賛辞だった。

「闘士のようなウエノ投手と戦うことができた。(1日で)17イニングを投げ切ったウエノ投手は素晴らしいとしか言いようがないよ。本当に素晴らしいなと感じる上野投手のパフォーマンス。1日で18人のバッターと対戦することはものすごいことなんだよ」と中3時間半で2試合、計17イニング、249球を投じた日本の大黒柱への称賛を惜しまなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集