[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 18歳・池江璃花子は何が進化したのか 恩師が語る「3cmの成長」に見た覚醒の理由

18歳・池江璃花子は何が進化したのか 恩師が語る「3cmの成長」に見た覚醒の理由

競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)女子100メートルバタフライで自身の持つ日本記録を更新し、国際大会初の金メダルを獲得した18歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)。4日間で8種目12レースを泳ぎ切り、リレーを含め、金1、銀2、銅1を獲得し、スーパー高校生は2020年東京五輪に向け、目覚ましい成長を遂げた。いったい、何が進化しているのか――。サッカー日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートへの指導で有名なプロトレーナーが進化の裏側を語ってくれた。

100メートルバタフライで18歳の池江は、大会新で初優勝した【写真:Getty Images】
100メートルバタフライで18歳の池江は、大会新で初優勝した【写真:Getty Images】

大きくなった18歳の背中、池江を指導するプロトレーナー木場氏が見た進化の裏側

 競泳のパンパシ水泳(東京辰巳国際水泳場)女子100メートルバタフライで自身の持つ日本記録を更新し、国際大会初の金メダルを獲得した18歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)。4日間で8種目12レースを泳ぎ切り、リレーを含め、金1、銀2、銅1を獲得し、スーパー高校生は2020年東京五輪に向け、目覚ましい成長を遂げた。いったい、何が進化しているのか――。サッカー日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートへの指導で有名なプロトレーナーが進化の裏側を語ってくれた。

「池江選手に初めてトレーニング指導したのは中学3年でした。そこから3年をかけて体幹の土台作りをスタートしました。今大会でも明らかにフィジカルトレーニングの成果が出ていると思います」

 こう語ったのは池江の所属するフィットネスクラブ大手「ルネサンス」でアドバイザーを務める木場克己氏だった。独自のトレーニングメソッド「KOBA式体幹トレーニング」を開発した同氏は競技の枠を超え、池江、長友というトップアスリートから、レアル・マドリードの下部組織でプレーする「ピピ」こと中井卓大ら、育成年代の選手も指導。その手腕に対する定評は高い。

「水泳選手にとっても体幹の強化は重要です。体幹が弱く、体の軸がしっかりしていないと、競技中に骨盤の位置がぶれます。すると、余計な水の抵抗を受けることになります。そうなれば、タイムも落ちますし、余分な体力消耗につながります。もう一点あります。体幹の弱い選手は背中と腰の筋肉を使って、腕を振ろうとします。これが腰痛の原因にもなります。池江選手の場合、トレーニング開始当初はお腹の部分の体幹が弱かった。プランクというメニューでその課題は一目瞭然でしたが、それも克服しました。弱点を一個一個潰すアプローチもしっかりとできていると思います」

 競泳における体幹トレーニングがもたらす効能について説明してくれた木場氏。最近、刮目するのは大きくなった18歳の背中だという。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー