[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

波乱の女子、日本勢唯一の4強入りでメダル確定の山口茜「試合できるのが嬉しい」

世界ランク1位が敗れ、前回女王・奥原も敗退

 ファイナルゲームは、序盤にリードを得て、食い下がる相手から21-16で逃げ切った。好返球については「たまたま」と笑うに留めたが、1時間を超える戦いを制した手応えは感じており「最近、長い試合をしていなかったので、2ゲーム目やファイナルゲームは、メンタル的に我慢が難しい部分はあったけど、2ゲーム目の反省を生かして、ファイナルはきついと思ったところから、しっかり我慢して次を取ろうと思えたり、相手がミスしたりした。自分の良かったところとラッキーなところがあった」と振り返った。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 準々決勝以降は、シード選手同士がしのぎを削るハイレベルな舞台。女子シングルスでは、世界ランク1位で第1シードの戴資穎(タイ・ツーイン、台湾)が中国のヘ・ビンジャオに敗れる波乱があった。また、山口の次の対戦相手が決まるカードでは、前回女王の奥原希望(日本ユニシス)が、P.V.シンドゥ(インド)との前回決勝の再戦に臨み、敗れた。

 山口は、試合が終わった時点では次戦の相手は決まっておらず、山口は「どっちになっても、またタフな試合になると思うので、その中で楽しめるプレーを出していけるように頑張りたい」と話したが、日本勢唯一の勝ち残りとしてタイトルを狙う形になった。奥原は「本当は対戦したかったけど、今日も茜ちゃんらしい粘り強い試合をしていたので、明日も厳しい戦いにはなると思うけど、世界選手権という舞台を思い切り楽しんでほしい」と後輩の山口にエールを送った。栄冠まであと2勝、混戦を制することができるか。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集