[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 初めましてマチャドです “名刺代わりの強肩”に米絶賛「ゴールドグラブかな?」

初めましてマチャドです “名刺代わりの強肩”に米絶賛「ゴールドグラブかな?」

米大リーグで屈指の遊撃手が新天地で圧巻の強肩を炸裂。三遊間の最も深い位置でゴロを処理し、矢のような送球でアウトにしてみせた。ユニホームが変わっても、プレーぶりは変わらないことを証明した“名刺代わりの美技”をMLBが動画付きで紹介。米ファンから「ゴールドグラブかな?」「リーグ最高のショート」「彼にはキャノン砲がついてる」など仰天の声が上がっている。

ドジャースへ移籍したマニー・マチャド
ドジャースへ移籍したマニー・マチャド

ドジャース加入直後のNO1遊撃手が圧巻の美技炸裂、MLB「いつも通りのマニー」

 米大リーグで屈指の遊撃手が新天地で圧巻の強肩を炸裂。三遊間の最も深い位置でゴロを処理し、矢のような送球でアウトにしてみせた。ユニホームが変わっても、プレーぶりは変わらないことを証明した“名刺代わりの美技”をMLBが動画付きで紹介。米ファンから「ゴールドグラブかな?」「リーグ最高のショート」「彼にはキャノン砲がついてる」など仰天の声が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ユニホームが変わったって、この男の魅力は変わらない。圧巻の強肩で脚光を浴びているのは、ドジャースのマニー・マチャド内野手だった。

 21日(日本時間22日)のブルワーズ戦、2回だった。1死一、三塁の場面。カーショウが投じた甘い変化球をブロクストンが捉えた。痛烈な打球が三遊間を襲う。しかし、飛びついた三塁手が捕球できない。これに反応したのが、遊撃手のマチャドだった。三塁線もすぐ近くに見えるほどの深い位置で捕球。次の瞬間、圧巻のプレーが生まれた。

 2、3歩で踏み切ると、体を反転させて一塁へ腕を振った。放たれた送球は体勢を崩していたとは思えないほど力強く、一塁手の手前でバウンドし、そのままミットに収まった。間一髪でアウト。超ビッグプレーに一躍スタジアムは熱気を帯びた。三塁走者こそ生還したが、普通の遊撃手ならタイムリーとなる一打を防ぎ、エースを助けてみせた。

 マチャドは18日のオールスター出場後にオリオールズから交換トレードでドジャースに加入し、前日(20日)にデビューしたばかり。MLB公式インスタグラムは「新しいユニフォーム、いつも通りのマニー」とつづり、動画付きで公開。すると、新天地で名刺代わりに演じた超美技を目の当たりにしたファンも大興奮となった。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー