[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【W杯 夢の跡】日本沈めた「9.35秒カウンター」の展開図が何度見ても美しい 「世界最高」の声続々

【W杯 夢の跡】日本沈めた「9.35秒カウンター」の展開図が何度見ても美しい 「世界最高」の声続々

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、ファンの記憶に残った名珍場面を振り返る「W杯 夢の跡」。今回は決勝トーナメント1回戦で日本を奈落の底に突き落としたベルギーの高速カウンターだ。わずか「9.35秒」の電撃カウンターについて、スペイン紙は実際の写真を用い、攻撃に絡んだ5人の動きがよくわかる展開図を公開。鮮やかな速攻は、今大会ベストゴールという声が続々と上がった。

日本との対戦で見事なカウンターから得点を決めたベルギー【写真:Getty Images】
日本との対戦で見事なカウンターから得点を決めたベルギー【写真:Getty Images】

「W杯名珍場面」―スペイン紙が公開したベルギーの高速カウンターの展開図が芸術的

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、ファンの記憶に残った名珍場面を振り返る「W杯 夢の跡」。今回は決勝トーナメント1回戦で日本を奈落の底に突き落としたベルギーの高速カウンターだ。わずか「9.35秒」の電撃カウンターについて、スペイン紙は実際の写真を用い、攻撃に絡んだ5人の動きがよくわかる展開図を公開。鮮やかな速攻は、今大会ベストゴールという声が続々と上がった。

【画像】「素晴らしい動き」と海外ファン絶賛! 必見はルカクの頭脳的動き…マルカが公開したベルギーの「9.35秒カウンター」の展開図

 思い出しても悔しさが残る。あまりに見事なカウンターだった。2-2の後半アディショナルタイム。MF本田圭佑のCKをキャッチしたGKクルトワがすぐにMFデブライネにパス。ボールを受けたデブライネは、一気にそこからセンターサークル付近まで持ち上がる。

 DF長友、DF昌子らが懸命に戻ったが間に合わない。デブライネが空いた右サイドのスペースに走り込んだDFムニエにパスを送り、最後はゴール前へのグラウンダーでのクロスをFWルカクがスルー。スライディングした昌子の手前でMFシャドリが合わせ、ゴールネットを揺らした。この間わずか「9.35秒」。サッカー史に残る美しきカウンターだろう。

 スペイン紙「マルカ」がツイッターとインスタグラムで公開したのは、1枚の画像だ。映し出されているのは、日本のゴール裏上空から撮られたピッチの全体図。連続写真を加工し、プレーの展開が1枚に収まっている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー