[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本は凄まじかった」 英紙記者が振り返る「2-0」の瞬間の衝撃「一体、これは…」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの優勝で幕を閉じた。英紙「ガーディアン」は今大会を取材した記者たちが大会を振り返る特集を掲載。決勝トーナメント1回戦の日本―ベルギーをベストゲームに選出した記者は、2-0と日本がリードした時の衝撃の大きさを振り返っている。

日本代表の乾【写真:Getty Images】
日本代表の乾【写真:Getty Images】

英紙が大会振り返り特集を掲載、ベストゲームに日本―ベルギー戦を推す記者も

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会はフランスの優勝で幕を閉じた。英紙「ガーディアン」は今大会を取材した記者たちが大会を振り返る特集を掲載。決勝トーナメント1回戦の日本―ベルギーをベストゲームに選出した記者は、2-0と日本がリードした時の衝撃の大きさを振り返っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 あの瞬間の衝撃は日本人のみならず、目の肥えた海外記者にも走っていた。今回の特集で、スチュアート・ジェームズ記者はベルギー戦について、こう振り返っている。

「ベルギーの完勝と思っていたが、日本代表は凄まじかった。日本が2-0とリードした時は(英紙)テレグラフのジェームズ・デッカーと『一体全体、これはどうしてしまったんだ』と言わんばかりに記者席でお互いの顔を見合ってしまった」

 後半立ち上がり、MF原口元気のゴールで先制した直後、今度はMF乾貴士が無回転ミドルを突き刺し、立て続けに2ゴールを奪った。まさか日本が2-0でリード。日本中が熱狂した瞬間、会場の記者席には衝撃が走っていたようだ。

「ベルギーに称賛を贈るとするならば、あの反撃はまさに見事なものであった。決勝点も素晴らしかった。自分がこれまでに見てきたなかで、最高のカウンターアタックだった」

 一方で2点ビハインドを跳ね返し、逆転したベルギーに対しては、後半アディショナルタイムに日本を沈めた電撃カウンターを称賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集