[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

決勝の“ピッチ乱入事件”は「一番愚かな行い」 海外ファン怒り心頭「言葉を失う」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を飾り幕を下ろした。試合中にピッチに乱入者が現れるハプニングが発生。その際のクロアチア代表DFデヤン・ロブレンの怒りの制裁が話題を呼んでいたが、海外ファンからも怒りの声が続々と上がっている。

 クロアチア代表のDF、デヤン・ロブレン【写真:Getty Images】
クロアチア代表のDF、デヤン・ロブレン【写真:Getty Images】

決勝に水を差した乱入者騒動の波紋が拡大

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を飾り幕を下ろした。試合中にピッチに乱入者が現れるハプニングが発生。その際のクロアチア代表DFデヤン・ロブレンの怒りの制裁が話題を呼んでいたが、海外ファンからも怒りの声が続々と上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 問題のシーンが発生したのは、2-1とフランスがリードした後半7分。クロアチアボールの状況で、ピッチ上に複数の人物が乱入した。試合は中断を余儀なくされ、スタジアムが騒然とするなか、乱入者の一人を捕まえたロブレンは胸倉をつかんで激高。鬼の形相で、ピッチになぎ倒したのだ。

 クロアチアがリズムを作ろうとしていた時間帯に、水を差されたのだから無理もない。試合後のロブレンのコメントを英紙「デイリー・ミラー」が紹介。「できることならスタジアムの外へ投げ飛ばしてやりたかった」と怒り心頭だったが、ファンも気持ちは同様だ。

 米スポーツ専門メディア「SBネーション」が公式インスタグラムで決定的瞬間の画像を公開。ロブレンが乱入者の胸倉を掴む場面には、ファンも再び怒りを募らせている。

「言葉を失う」
「今まで見た物で一番愚かな行い」
「このような行いを繰り返して欲しくない」
「愚か者」

 乱入者集団はロシアのパンク・ロック集団「プッシー・ライオット」と報じられており、何らかの政治的な意図があったとされている。決勝戦に水を差した愚行に、ファンや関係者の怒りはしばらく収まりそうにない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集