[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、ファンの視線釘付けにした全身ヒョウ柄コーデに反響「似合ってます」

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山、6575ヤード、パー71)が17日に開幕し、岩井明愛(ホンダ)が8バーディー、1ボギーの64で回り、7アンダーで単独首位発進した。昨年大会優勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は好調な滑り出しを見せながら、後半に失速して2アンダーの27位スタートとなった。ギャラリーの注目を集めたのはヒョウ柄のコーディネート。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はSNSで写真を公開し、ファンから「怒ってる?」「似合ってます」といった反響が寄せられている。

大王製紙エリエールレディス、2アンダーの27位スタートとなった原英莉花【写真:Getty Images】
大王製紙エリエールレディス、2アンダーの27位スタートとなった原英莉花【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス初日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山、6575ヤード、パー71)が17日に開幕し、岩井明愛(ホンダ)が8バーディー、1ボギーの64で回り、7アンダーで単独首位発進した。昨年大会優勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は好調な滑り出しを見せながら、後半に失速して2アンダーの27位スタートとなった。ギャラリーの注目を集めたのはヒョウ柄のコーディネート。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はSNSで写真を公開し、ファンから「怒ってる?」「似合ってます」といった反響が寄せられている。

 前半と後半で“別人”のゴルフになってしまった。インスタートの前半は出だしからの4連続を含む5つのバーディーを量産。一時は首位に立った。しかし、アウトに入った後半は3番でボギー、6番ではダブルボギー。バーディーはゼロというラウンドとなった。

 プレーだけでなく、ファッションでもギャラリーの目を釘付けにした。パンツからウェアの襟、さらに耳のついたキャップまで、全身を契約するパーリーゲイツのレオパード柄でまとめたスタイルで登場。JLPGA公式ツイッターはラウンド中から「原英莉花選手はヒョウ柄コーデで気合十分」とつづって写真を公開。鋭い目つきで視線を送る1枚が話題を呼んだ。

 ファンからは「ワォー 怒ってる?」「絶対、怒っている」「流石!」「耳付きかわいい」「ヒョウ耳帽子もいい感じ~」「表情は置いといて… 似合ってます!キャップが可愛い」といった声が。またJLPGA公式インスタグラムでも同じ写真が公開され、こちらには「猫みみ」「女豹の姫優勝目指して頑張れ~」といった反響も寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集