[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本は「おそらく残ったチームで最弱」「ベルギーが余裕で通過」 英紙が辛口分析

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。7月2日(日本時間3日)に決勝T1回戦でベルギーと初の8強進出をかけて激突する。英メディアはベスト16のプレビューを実施。FIFAランク3位の強敵と対戦する日本の圧倒的不利を予想している。

西野朗監督【写真:Getty Images】
西野朗監督【写真:Getty Images】

英紙が16強進出国を分析、日本は「残ったチームで最弱」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。7月2日(日本時間3日)に決勝T1回戦でベルギーと初の8強進出をかけて激突する。英メディアはベスト16のプレビューを実施。FIFAランク3位の強敵と対戦する日本の圧倒的不利を予想している。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

「ワールドカップ16強ガイド:準々決勝に進むのはどこだ。そして、マッチアップのキープレーヤーは?」と特集したのは、英紙「デイリー・メール」だった。

「茶番のような形で決勝トーナメント進出を決めた。フェアプレーで上回ることを知っていた彼らはポーランドに勝たせることを決めた」

 終了までの約10分間ボール回しに終始したポーランド戦については“茶番”とバッサリ。また初勝利を挙げたコロンビア戦についても「85分間10人の相手と戦った。おそらく残ったチームで最弱」と断言している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集