[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧エース未遂で「優菜ちゃん可愛い」 仲良く振り返った同組2人の仕草に反響

女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は4バーディー、1ボギーの69で回って3アンダーとし、13位で発進した。17番パー3ではティーショットでホールインワン寸前のスーパーショット。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開したが、同組で回った22歳・西村優菜(スターツ)の反応にも注目が集まった。

伊藤園レディス初日のラウンドで笑顔を見せる稲見萌寧【写真:Getty Images】
伊藤園レディス初日のラウンドで笑顔を見せる稲見萌寧【写真:Getty Images】

伊藤園レディス初日

 女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕した。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は4バーディー、1ボギーの69で回って3アンダーとし、13位で発進した。17番パー3ではティーショットでホールインワン寸前のスーパーショット。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開したが、同組で回った22歳・西村優菜(スターツ)の反応にも注目が集まった。

 ホールインワン賞もかかったホールでスーパーショットが生まれた。197ヤードの17番パー3。稲見の放ったティーショットはグリーンとカラーの境目付近に着弾した。そのままカップに吸い込まれるように転がると、わずか20センチほど右の距離を通過したが、ホールインワンを思わせた好打に。すると、笑顔の稲見に近づいたのは西村。後ろにあるホールインワン賞の看板を振り返って確認する素振りを見せ、「足で蹴って入れたら?」という仕草を見せ、2人で笑い合った。

「ホールインワン賞がかかった17番で稲見萌寧がナイスショット 行方を見守る西村優菜のリアクションにも注目」

 JLPGA公式ツイッターはこんなメッセージとともに実際の映像を公開。ファンからは「池ポチャも多いホールでスーパーショット」「ナイスぅ 何回も見てまう」と稲見の好ショットを称えるコメントのほか、「リアクションが可愛くて微笑ましい。改めて素晴らしいペアリングありがとうございます!」「優菜ちゃん可愛い」とリアクションに注目した声も寄せられた。

 稲見はこの日4つ目のバーディーを奪い、13位。西村も5バーディー、ボギーなしの通算5アンダーで2位につけている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集