[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、5本成功の4回転以外にカナダ元選手が絶賛したポイント「アメージングだった」

先月行われたフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(ミシソーガ)。ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーで183.17点を記録し、合計273.15点で逆転優勝を収めた。新プログラムでGP初戦で世界王者の貫録示すV。元アイスダンス選手のアッシャー・ヒル氏(カナダ)はフリーの演技を「ただただゴージャスだった」と絶賛している。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

先月のスケートカナダを「CBC」が振り返り

 先月行われたフィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(ミシソーガ)。ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーで183.17点を記録し、合計273.15点で逆転優勝を収めた。新プログラムでGP初戦で世界王者の貫録示すV。元アイスダンス選手のアッシャー・ヒル氏(カナダ)はフリーの演技を「ただただゴージャスだった」と絶賛している。

 4回転を4種類5本組み込む高難度の構成を演じた宇野。ジャンプが乱れる場面はあったものの、SP首位の三浦佳生を逆転し、先輩の意地を見せてGP通算7勝目を挙げた。

 地元カナダの公共放送「CBC」の公式YouTubeでは、ヒル氏が表彰台に上がった3選手の演技を振り返り。優勝の宇野に対しては「SPで2位だったウノは5つの4回転という傑作をほぼ完璧に披露した」と絶賛した。

 ヒル氏は5本の4回転について、「フリーはゴージャスな3つの4回転からスタートした」「後半で見せた4つ目と5つ目の4回転もただただゴージャスだった」と“Gorgeous”を連発して称賛。さらに「ステップシークエンスは是非見てほしい。アメージングだった」と続け、最後まで褒めちぎっていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集