[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、2年連続予選落ちの苦手コースで5位浮上 4打差逆転Vへ「気が抜けないです」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディース第3日が22日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で行われた。18位で出た22歳・西村優菜(スターツ)は5バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーで首位と4打差の5位に浮上。今大会は2年連続予選落ちした苦手コースだが、「上手くマネジメントして」優勝争いに加わった。ツアー通算6勝の実力者が虎視眈々と今季3勝目を狙う。首位は12アンダーの24歳・河本結(RICOH)と19歳・川崎春花(フリー)。

マスターズGCレディース、通算8アンダーで5位の西村優菜【写真:Getty Images】
マスターズGCレディース、通算8アンダーで5位の西村優菜【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディース第3日が22日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で行われた。18位で出た22歳・西村優菜(スターツ)は5バーディー、1ボギーの68で回り、通算8アンダーで首位と4打差の5位に浮上。今大会は2年連続予選落ちした苦手コースだが、「上手くマネジメントして」優勝争いに加わった。ツアー通算6勝の実力者が虎視眈々と今季3勝目を狙う。首位は12アンダーの24歳・河本結(RICOH)と19歳・川崎春花(フリー)。

 西村は、開口一番で「ピン位置が最終日のようでした」と語った。事前に、前年大会最終日に切られたピン位置を確認していたことで、そう感じたという。

「セッティングを最終日と3日目で変えたんじゃないかというぐらいです。なので、ところどころ難しかったです。その中で、上手くマネジメントしながらラウンドできたんじゃないかなと思います。バーディーパットもそこそこ決められたかなと」

 初日は「出球が右に行くのが多かった」と振り返り、それを体を閉じることを意識した練習で修正。今大会3度目の出場で初めて予選通過。この日、初めて60台でフィニッシュした。

「雰囲気なんですけど、もともとこのコースは得意じゃなく、罠というか、外しどころによってはスコアを落とすところがあって、今年も『どうやって攻めたらいいのかな』と考えながらラウンドしていて、ある意味、チャンス待ちで、我慢してラウンドしていました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集