[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳が起死回生の超イーグル 踏み止まった新人・佐久間朱莉「ダボ帳消しだ~と…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3日が1日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で行われた。4位で出た佐久間朱莉(大東建託)は、1イーグル、1バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの75で回って通算3オーバー。7位に順位は落としたものの、16番パー4では第2打を直接入れるスーパーイーグルで歓喜した。2アンダーで首位の申ジエ(韓国)とは5打差。最終日も順位が目まぐるしく変わる展開が予想されるが、19歳のルーキーは虎視眈々と頂点を狙う。

日本女子オープン第3日に出場した佐久間朱莉【写真:Getty Images】
日本女子オープン第3日に出場した佐久間朱莉【写真:Getty Images】

日本女子オープン第3日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3日が1日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で行われた。4位で出た佐久間朱莉(大東建託)は、1イーグル、1バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの75で回って通算3オーバー。7位に順位は落としたものの、16番パー4では第2打を直接入れるスーパーイーグルで歓喜した。2アンダーで首位の申ジエ(韓国)とは5打差。最終日も順位が目まぐるしく変わる展開が予想されるが、19歳のルーキーは虎視眈々と頂点を狙う。

 起死回生の一打で上位争いに踏み止まった。16番パー4。ピンまで残り139ヤード地点から放った第2打が3バウンドし、フックラインを描いてカップに吸い込まれた。佐久間は「見えなかった」と言うが、大歓声を耳にしてバンザイ。照れることなく、キャディーを務める父と喜び合った。

「すごくいいショットだったので、(ピンに)ついてくれればいいなという感じでした。14番以降は耐えるホールかなと思っていて、14番をダブルボギーにしたので、『これ以上、ボギーは打てない』という中でのイーグルでした。それで、『ダボ帳消しだ~』と思いました。でも、17番でボギーを打ったのでそこは反省です」

 昨年6月の最終プロテストに1位で合格。ツアー最終予選会(QT)も14位で突破し、メルセデス・ランキング42位と健闘している。だが、同期の岩井千怜が既に2勝。1学年下で昨年11月の最終プロテストに合格した川崎春花と尾関彩美悠もツアー初優勝を果たしている。今大会のコースは、ジュニア時代から回る機会も多くあったそうで、「こういう林間コースが好き」とも言った。首位の申とは5打差あるが、難しいメジャー設定ゆえにチャンスあり。「今のところ、ケンカはしていない」という父とのコンビで、ビッグタイトルを掴みにいく。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集