[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季2位5度の吉田優利が2位で最終日へ 1万人超の大ギャラリー想定「凄く楽しみです」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3日が1日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で行われた。9位で出た吉田優利(エプソン)は、3バーディー、1ボギーの70で回って通算1アンダーとし、首位に1打差の2位に浮上した。今季は2位が5度で悔し涙も流してきた。今季最多の大ギャラリーが想定される最終日。強くクレバーな22歳があふれる思いを込めて、頂点を目指す。首位には、通算2アンダーの申ジエ(スリーボンド)が立ち、注目の17歳・馬場咲希(代々木高2年)は、通算4オーバーの10位につけている。

日本女子オープン第3日で2位につけた吉田優利【写真:Getty Images】
日本女子オープン第3日で2位につけた吉田優利【写真:Getty Images】

日本女子オープン第3日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3日が1日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で行われた。9位で出た吉田優利(エプソン)は、3バーディー、1ボギーの70で回って通算1アンダーとし、首位に1打差の2位に浮上した。今季は2位が5度で悔し涙も流してきた。今季最多の大ギャラリーが想定される最終日。強くクレバーな22歳があふれる思いを込めて、頂点を目指す。首位には、通算2アンダーの申ジエ(スリーボンド)が立ち、注目の17歳・馬場咲希(代々木高2年)は、通算4オーバーの10位につけている。

 会見場に姿を見せた吉田は、分かりやすくラウンドを振り返った。

「ショットが不安定な日でしたが、ショートゲームで拾って我慢できました。(コースは)今年で一番難しいのは確かです。距離も長いですし、深くて密度の高いラフ、女子の力では止まらないグリーンですし、(バーディーが)獲れるホールと獲れないホールが分かれてくるので、(明日も)そこを判断していきたいです」

 言葉通り、多くの選手がコースに苦しめられている。だが、吉田は耐える展開を「好きなタイプ」と表現した。

「カップの位置は厳しいですが、グリーン上はきれいで読みやすいですし、実力通りの結果が出やすいと思います。その中でマネジメントをしていくのは楽しいです」

 今季は「伸ばし合い」の展開でも上位の常連で、28試合中14試合でトップ10入りを果たし、2位は5度ある。だが、本人は「プロゴルファーの価値は優勝でしか表せない」と言い、9月の住友生命Vitalityレディス東海クラシックで、ルーキーの19歳・尾関彩美悠に1打差の2位に終わった際は、カメラの前でポロポロと悔し涙を流した。

 その際、「勝つためには何かを変えなければ」と言ったが、この日は「まだ、変えられてはいないですが、ラウンド中もメリハリをつけることが大事だと思っています。あとは、今の調子を維持しつつ、納得するまで自分に向き合うことにしています」と明かした。辻村明志コーチとも「ネガティブにならずに前を向いていこう」と話し合ったという。

 そして、目の前に来た約1年ぶりのツアー3勝目と初メジャー制覇のチャンス。国内メジャー4大会のグランドスラムに王手をかけた首位の申を1打差で追う展開だが、吉田は冷静に「下からも(追い上げが)あるでしょうし、自分がベストなプレーをすることが一番かなと思います」と言った。

 高校時代はナショナルチームのメンバーで、(日本ゴルフ協会主催の)今大会については、「特別ですし、ホームのように親近感があります」と位置付けた。この日は第3日にして、今季最多ギャラリー数の7914人を記録。最終日は1万人を超える可能性があり、「今度こそ優勝を」と吉田を応援するファンも多く詰めかけると予想される。“ホーム”を感じる大会。22歳の吉田は、最終日の状況をイメージしながら「すごく楽しみです」と声を弾ませた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集