[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊藤美誠、世界卓球51年ぶりVへ最終調整 髪の一部を染め「赤だと燃える」と闘志満々

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日に中国・成都で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。日本代表は29日、練習場で最終調整した。3大会連続銀メダルから51年ぶり金メダルを目指す日本女子のエース・伊藤美誠(スターツ)は現地で取材に応じ、意気込みを語った。

真剣な表情で練習する伊藤美誠【写真:浜田洋平】
真剣な表情で練習する伊藤美誠【写真:浜田洋平】

世界卓球団体戦が30日中国・成都で開幕

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が30日に中国・成都で開幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4年ぶりの開催となる世界最強国決定戦。日本代表は29日、練習場で最終調整した。3大会連続銀メダルから51年ぶり金メダルを目指す日本女子のエース・伊藤美誠(スターツ)は現地で取材に応じ、意気込みを語った。

 決戦ムードが高まってきた。この日は開会式が行われた華やかな会場。一方、選手たちはウォーミングアップエリアで調整した。21歳の伊藤は2016、18年に続く3大会連続出場の団体戦出場。「コートに立つ時は、誰に対しても思い切って向かうのが自分の良さ。団体戦は凄く思い出に残る。みんなで勝ちを掴みとって、日本の皆さんもそうですし、選手の中でも(記憶に)残るような試合にしたい」と力を込めた。

 同学年の22歳・早田ひな、20歳の長崎美柚、18歳の木原美悠、24歳の佐藤瞳とチームを組む今大会。東京五輪金銀銅メダリストの伊藤でも代表入りは簡単ではなく、「若いチームですね。日本人の力が上がっているということなので嬉しいです。国内で競争があると、自分の力も上がる」と歓迎した。チームの印象についてはこう語る。

「もともと普段から試合で合うメンバーだけど、チームにならないと意外に深い話はしない。久しぶりの団体戦で凄くチーム感が増す。普段は戦うけど、これが日本の良さ。凄くチーム力が上がります。若い選手がいて爆発力があるし、落ち着きもあるチーム。(団体戦は)一人ひとりが力を出し切って、勝って次に回すのが凄い特徴的。一人が頑張るとみんな頑張れる。私自身も出場するからにはチームを盛り上げるのが一番。みんなが力を出し切れる雰囲気をつくれれば」

 26日夜に現地入り。調整する中で気づいたのは、照明が強いことだ。「凄く眩しい。台が反射する。台から下がると光ります」と明かした。しかし、自身は前陣で戦うことが多いため、「私はやっている中ではそこまで気にならないです。横から見ると(反射が)あるなって。選手によっては気になるけど、私はそこまで」と強調。男子など後ろに下がる選手は影響がありそうだが、伊藤は「ちょっと暑い」と苦笑いした。

 9月4日の第2回パリ五輪代表選考会で優勝。出発直前までTリーグが続き、「体調を万全にすること、サーブ・レシーブも少しずつ進化させること、挑戦者でいることを意識してきた」と準備を進めた。髪の一部にだけ赤色を入れ、「赤だと燃えるので」と闘志も満々。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルへ、日本時間午後8時開始の初戦でスロバキアを迎え撃つ。

【日本女子のグループリーグ】
日本(2位)
ハンガリー(16位)
ポーランド(19位)
スロバキア(30位)
ウズベキスタン(52位)

 ◆世界卓球 9月30日からグループリーグが行われ、上位16の国と地域が10月5日からの決勝トーナメントに進出。テレビ東京系&BSテレ東で連日放送。中継キャッチフレーズは「新時代の、目撃者になる。」

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集