[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

岩井ツインズは最終Hで明暗 明愛4位&千怜9位もコメントはシンクロ「よくありますね」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕した。ルーキー・岩井明愛(Honda)が、6バーディー、4ボギーの70で2アンダーとし、首位に3打差の4位につけた。課題にしてきた「パットの距離感」が高速グリーンでも合うようになり、好発進につなげた。双子の妹岩井千怜(Honda)は72のイーブンパーで9位。残り3日で、目標の「姉妹での優勝争い」を狙う。首位は67の5アンダーで回った森田遥(新英ホールディングス)。2位には、68の4アンダーで回った小祝さくら(ニトリ)がつけている。

岩井明愛(左)と千怜【写真:Getty Images】
岩井明愛(左)と千怜【写真:Getty Images】

日本女子オープン初日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕した。ルーキー・岩井明愛(Honda)が、6バーディー、4ボギーの70で2アンダーとし、首位に3打差の4位につけた。課題にしてきた「パットの距離感」が高速グリーンでも合うようになり、好発進につなげた。双子の妹岩井千怜(Honda)は72のイーブンパーで9位。残り3日で、目標の「姉妹での優勝争い」を狙う。首位は67の5アンダーで回った森田遥(新英ホールディングス)。2位には、68の4アンダーで回った小祝さくら(ニトリ)がつけている。

 最終18番パー5。投光器からの光線を受けつつ、明愛はストロークした。

「7メートルぐらいのスライスでした。とりあえず深めに読んだら、思ったより曲がってくれて入りました。ビックリしました(笑)」

 6つ目のバーディー。17番パー4までは、前組の千怜と並んで1アンダーだったが、千怜は18番でボギーをたたき、明暗が分かれた。

「並んでいたのは知っていました。千怜はボギーですか。まあ、そういう日もあります(笑)。でも、千怜がずっと上だったから、久しぶりに自分も上に来てうれしいです」

 幼少期から競い合い、小学校の持久走大会では6年間、1、2位を分け合った。ゴルフでもライバル関係は続き、明愛は、2020年日本女子オープンでローアマの獲得。高校時代は千怜をリードしていたが、プロテストに同時合格した21年は、千怜が先にステップ・アップ・ツアー大会で優勝。今季ツアーでも、千怜が8月に初優勝から2連勝を飾った。明愛は完全に「置いていかれた状況」だったが、悔しさを胸に地道にパッティング練習を続けてきた。

「とにかく距離感が大事だと思って、長い距離のパットをずっと練習してきました」

 今大会はメジャー設定の高速グリーンだが、明愛は26日から多くの時間をパッティング練習に費やしていた。パターヘッドもピン型からマレット型に変更。自身も千怜のように勝利を手にするべく、やれる限りのことをやってきた。

 今大会についても、8月末に行われた最終予選会を1位で突破して出場権を手にした。2年前はローアマで表彰式に出ており、「(優勝して)また、表彰式に出たいか」の問いには「もちろんです」と返答しつつ、「それよりも、自分のプレーに集中したいです」とキッパリ。先に囲み取材を受けた千怜も同じコメントをしており、明愛は「ああ、そういうことはよくありますね」と声を弾ませた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集