[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、南北戦争後間もない1876年以来の大記録が米話題「電話が発明された年だぞ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今シーズンも打って34本塁打、投げて14勝と二刀流で席巻している。28日(日本時間29日)に行われた本拠地アスレチックス戦の現地中継では、19世紀だった1876年以来となっている二刀流記録を紹介。「ショウヘイが南北戦争後間もない頃の野球スタッツを記録」と伝えた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」が紹介

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今シーズンも打って34本塁打、投げて14勝と二刀流で席巻している。28日(日本時間29日)に行われた本拠地アスレチックス戦の現地中継では、19世紀だった1876年以来となっている二刀流記録を紹介。「ショウヘイが南北戦争後間もない頃の野球スタッツを記録」と伝えた。

 エンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」が試合中に紹介したのは、大谷が打席数と投球回ともにチーム1位となっている点。映像では2022年の大谷が633打席、153投球回であると紹介し、並べて1876年にルイビル・グレイズという球団に在籍したジム・デブリンが299打席、622投球回であると紹介した。時代背景が違うとはシーズンで622イニングも投げたのは驚きではある。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは「毎晩のような『ショウヘイが南北戦争後間もない頃の野球スタッツを記録』の瞬間」と記し、この様子を紹介。これに対し、米ファンからは「野球ってめちゃくちゃ古いんだな」「1876年は電話が発明された年だ」と驚きの声が上がった。

 この日は自己最長となる13試合連続安打を記録した大谷。打って投げて躍動する二刀流は、これからも文字通り歴史的な記録を打ち立てていきそうだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集