[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、22位発進と健闘の裏で初体験に驚き「緊張して足が震えました」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕した。17歳の馬場咲希は、1バーディー、2ボギーの73で1オーバーとして22位。いつも通り、「楽しかった」と言ったものの、試合で初めて緊張して「最初の3ホールは足が震えました」と明かした。

日本女子オープン初日に登場した馬場咲希【写真:Getty Images】
日本女子オープン初日に登場した馬場咲希【写真:Getty Images】

日本女子オープン初日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕した。17歳の馬場咲希は、1バーディー、2ボギーの73で1オーバーとして22位。いつも通り、「楽しかった」と言ったものの、試合で初めて緊張して「最初の3ホールは足が震えました」と明かした。

 初めての国内メジャー大会。馬場は「緊張してしまって……」と言った。今年は、海外メジャーの全米女子オープンも経験し、全米女子アマチュア選手権では日本人として37年ぶりの優勝を飾った。そんな大舞台でも、2週前の住友生命Vitalityレディス東海クラシックでも「緊張はしなかった」と言ったが、この日は全く違ったという。

「1番のテーショットは大丈夫でしたが、グリーンに乗ってからは足が震えました。2番でもそれが続いて、『あれ、緊張している』と思いました。でも、それが余計に楽しかったです。緊張は3番まで続きましたが、その後は自分のペースでプレーできました」

 1番ティーグランドでは、37年前に全米女子アマチュア選手権を制した服部道子から、快挙達成記念の銀皿を手渡された。事前に聞かされてはいたが、「想像と違って、ビックリしました」。本人はスタート前に人目につかないところで祝われるのかと思いきや、大勢のギャラリーを前にしたセレモニー。それでも、「お皿をもらえてすごくうれしかった」と振り返った。

 ギャラリーはそのまま付いてきて、トッププロの勝みなみ、西郷真央とプレー。足が震えた理由については、「えっ、わかんないです」と言ったが、高まる注目度に加え、メジャーの重みを感じたことで無意識に体が反応したようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集