[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「相手投手は苦労した」 12球投げさせた粘りに米注目「初回からバトルだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。4打数2安打だったが、チームは1-9で敗れた。初回の第1打席は空振り三振に終わったが、相手の先発投手に12球も投げさせるなど粘った。米国の敵地記者も「彼(先発投手)は苦労した」と伝えている。

2安打を放った大谷翔平。第1打席は12球投げさせた【写真:ロイター】
2安打を放った大谷翔平。第1打席は12球投げさせた【写真:ロイター】

マリナーズ戦で2安打、初回の粘りにも注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。4打数2安打だったが、チームは1-9で敗れた。初回の第1打席は空振り三振に終わったが、相手の先発投手に12球も投げさせるなど粘った。米国の敵地記者も「彼(先発投手)は苦労した」と伝えている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 初回から相手ピッチャーが球数を費やした。1死走者なしの第1打席。右腕ギルバートと対戦した大谷は、1-1から158キロの速球、スライダーに食らいついて4球連続ファウル。1球ボール球を挟むと、その後もチェンジアップなどに対応。低めボールゾーンに落ちる球もなんとか拾って、合計8球もファウルを打った。結局12球目で空振り三振となったが、簡単には打ち取られなかった。

 この日は第3打席で左翼線二塁打、第4打席で中前打と2安打も放った大谷。初回の攻防にもツイッター上の米記者が反応。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は、投球チャート図を投稿し「ショウヘイ・オオタニとローガン・ギルバートは初回からバトルを繰り広げた」と伝えた。

 またMLB公式サイトでマリナーズ番を務めるダニエル・クレーマー記者は「ローガン・ギルバートはショウヘイ・オオタニをスライダーで空振り三振に抑えるまで、12球を費やした。彼は8球ファウルを打たれるなど苦労した」と記していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集