[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

201cm男が衝撃の場外弾 最後は右手一本、米仰天「ハーフスイングで…」「ありえない」

米大リーグ・パイレーツの新人オニール・クルーズ内野手が6日(日本時間7日)、本拠地メッツ戦で驚きの場外弾を放った。内角低めの変化球に、最後は右手一本のような形となりながらも13号2ラン。右翼席奥の川に飛び込む打球には、米ファンから「ただただ笑った」「ありえないパワー」などと反響が集まっていた。

8回に13号2ランを放ったパイレーツのオニール・クルーズ【写真:ロイター】
8回に13号2ランを放ったパイレーツのオニール・クルーズ【写真:ロイター】

パイレーツ新人クルーズが衝撃の13号2ラン

 米大リーグ・パイレーツの新人オニール・クルーズ内野手が6日(日本時間7日)、本拠地メッツ戦で驚きの場外弾を放った。内角低めの変化球に、最後は右手一本のような形となりながらも13号2ラン。右翼席奥の川に飛び込む打球には、米ファンから「ただただ笑った」「ありえないパワー」などと反響が集まっていた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 身長201センチ、期待の大型遊撃手がド肝を抜く一発を放った。パイレーツ4点リードの8回2死一塁、左打席に入った23歳オニール・クルーズは、内角低めの変化球に反応。少し崩されるような形でフルスイングではなかったものの、最後は伸ばした右手一本で救うようにして投球をとらえた。打球はライナーでライト方向へ。なんと客席を越え、場外へ飛び出してしまった。

 スタンド奥に流れる川に飛び込んだ衝撃の13号2ラン。実際の映像を公開したパイレーツ公式ツイッターは「オニール・クルーズがアレゲニー川にボールを放つ」と文面で紹介。米ファンからは「稀代のパワー」「キング」「オーマイガー。何という飛距離」「とてつもなく凄い」「ハーフスイングで」「ただただ笑った」「アンリアル」「ありえないパワー。とんでもない」「スーパースター」「ヤバい」などと驚きの声が集まっていた。

 クルーズは8月に打球速度122.4マイル(約196.9キロ)の安打を放ち、MLB公式データ解析システム「スタットキャスト」が導入された2015年以降のMLB最速記録を更新。6月には一塁送球で96.7マイル(約156キロ)を計測するなど、身体能力にあふれた選手だ。試合はパイレーツが8-2で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集