[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙から4日、原英莉花は復活Vへ再出発 口に出した「責任あるインパクト」の意味とは

女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスが2日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ(6465ヤード、パー72)で開幕する。プロアマ戦が行われた1日は、原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が会見。前週、単独首位で最終日を迎えながら優勝を逃したことを振り返り、「責任あるインパクトをする」「伸び代を伸び代で終わらせない」などと決意を語った。

前週は、単独首位で最終日を迎えながら優勝を逃した原英莉花【写真:Getty Images】
前週は、単独首位で最終日を迎えながら優勝を逃した原英莉花【写真:Getty Images】

2日からゴルフ5レディス開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスが2日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ(6465ヤード、パー72)で開幕する。プロアマ戦が行われた1日は、原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が会見。前週、単独首位で最終日を迎えながら優勝を逃したことを振り返り、「責任あるインパクトをする」「伸び代を伸び代で終わらせない」などと決意を語った。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 前週、ニトリレディス最終日(8月28日)の会見で涙した原。あれから4日後のこの日は決意を込め「自分を信じて責任あるインパクトをして、いいゴルフをしたいです」と話した。“責任あるインパクト”の意味を問われると、具体的に説明した。

「ゴルフは迷うことがほとんどのスポーツだと思いますが、どっちつかずのことをやらないようにしたいです。つまり、決めたことに自信を持ち、結果を恐れずにやることをやるイメージです。そうした思いでインパクトをすれば、ボールも喜ぶと思います」

 あらためて、「楽しむ」ことの大切さも口にした。

「(前週は)初日からピンを狙うことが楽しかったのに、最終日は楽しめていませんでした。どんな時も前向きに楽しんでゴルフがしたいです」

 優勝を逃した後、自身のインスタグラムには、「残念で情けなくて」と書き出し、最後は「伸び代を伸び代で終わらせないように」などとつづった。その真意についても、分かりやすく説明した。

「腰を痛めてから、よく『伸び代がまだある』と言われます。優勝を逃してもそう言われますが、反省してばかりで結果を出さないと、『伸び代』で終わる残念な人になってしまいます。そうならないようい結果につなげたいです」

 今大会は17番パー3に、グリーン面まで7メートルの深いバンカーがあるが、原は「そこは絶対に入れたくない」と言った上で、「グリーンに乗ってからも傾斜がすごいので」と警戒。コース全体については「運に左右するところがある」と言ったが、昨年11月以来となる復活優勝への強い思いも口にした。

「久しぶりに違う悔しさを味わったので、今季残り試合で優勝したい気持ちが強いです」

 ショットもパットも、“責任あるインパクト”を繰り返し、運も引き寄せる決意だ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集