[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、30号直前に“乱入者”が出現 惑わされた相手エースに米注目「不満そうだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席で、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転の30号3ランを放ち、3-2の勝利に貢献した。米記者は逆転弾の前に、相手エースを惑わせた“まさかの敵”に注目。「コールは不満そうだ」と伝えている。

ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転の30号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転の30号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷がヤンキースのエースから逆転3ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席で、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転の30号3ランを放ち、3-2の勝利に貢献した。米記者は逆転弾の前に、相手エースを惑わせた“まさかの敵”に注目。「コールは不満そうだ」と伝えている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 2点を追う6回1死一、二塁で打席に入った大谷。3球目の157キロを叩いて、バックスクリーンに運んだ。打たれた瞬間コールはグラブを叩いて悔しがったが、直前にコールを惑わせる出来事があった。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」のヤンキース番、クリス・キルシュナー記者は「6回のエンゼルスの攻撃前に、右翼手ジャッジが球を観客席に投げ込むも、スタンドに届かなかった。その際にファンがフィールドに乱入した」とツイッターに投稿。さらに「ファンは客席に戻ろうとしたが、警備員に確保された」とも伝えている。

 この乱入で試合は中断。なかなかプレーが始まらず、コールは投球練習を続けていた。この光景を動画でツイッターに公開した米スポーツ専門局「ESPN」のマーリー・リベラ記者は文面に「スタンドで問題発生。コールの投球に遅延」「コールはこの出来事に不満そうだ」と伝えていた。

 さらに試合再開後も連続エラーが絡むなど、走者を2人溜めた。そして大谷に逆転3ランを浴びたが、“まさかの敵”の影響もあったかもしれない。それでもニューヨークの中継局「YESネットワーク」公式ツイッターは、試合後のコールがエラー絡みの失点に言い訳しなかったことを伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集