[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

30号大谷翔平にLA地元紙も称賛 ヤンキース撃破で「MVP論争をパワフルに終わらせる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。これで2年連続の大台30号に到達し、地元ロサンゼルス紙も称賛。「ショウヘイ・オオタニがヤンキースを撃破」「オオタニが、自らがMVPであることを“宣言”した」などと伝えている。

6回の第3打席に逆転の30号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
6回の第3打席に逆転の30号3ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ヤンキースのエース右腕、コールから豪快な一発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は31日(日本時間1日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場。6回の第3打席に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コール投手から逆転3ランを放った。これで2年連続の大台30号に到達し、地元ロサンゼルス紙も称賛。「ショウヘイ・オオタニがヤンキースを撃破」「オオタニが、自らがMVPであることを“宣言”した」などと伝えている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 完璧な一発だった。2点を追う6回1死一、二塁の第3打席。2-0からの3球目、大谷は157キロ直球を豪快にバックスクリーンに運んだ。この逆転3ランが決勝点となり、エンゼルスは3-2で勝利。東地区首位を走るヤンキースにシリーズ2勝1敗と勝ち越しを決めた。

 名門球団撃破に地元紙も沸いている。米地元紙「ロサンゼルスタイムズ」は「ショウヘイ・オオタニの30号でヤンキースを破る。MVP論争をパワフルに終わらせる」と見出しを打って記事を掲載。51本塁打のアーロン・ジャッジ外野手との対峙に脚光を浴びせ、「6回にオオタニが、自らがMVPであることを“宣言”した」とまで称賛した。

 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は見出しに「ショウヘイ・オオタニがヤンキースを撃破」と掲載。「4万3555人の観衆の前でオオタニは3ランを放ち、勝利に貢献」と記して、大観衆が集った一戦で大谷が躍動したことを伝えた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集