[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

守備の穴になったエンゼルス外野手、1プレー“2失策”を猛省「もっと上手くしなきゃ」

米大リーグ・エンゼルスは29日(日本時間30日)、本拠地レンジャーズ戦に2-7で敗れた。0-0の6回にジョー・アデル左翼手が1プレーに2度の“失策”を犯すまさかのプレー。先制のランニングホームランを献上した動画を米メディアが公開した。アデル本人は「もっと上手くやらなければいけない」と猛省している。

エンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】
エンゼルスのジョー・アデル【写真:Getty Images】

ランニングHRを献上した左翼アデルが猛省

 米大リーグ・エンゼルスは29日(日本時間30日)、本拠地レンジャーズ戦に2-7で敗れた。0-0の6回にジョー・アデル左翼手が1プレーに2度の“失策”を犯すまさかのプレー。先制のランニングホームランを献上した動画を米メディアが公開した。アデル本人は「もっと上手くやらなければいけない」と猛省している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 守備の脆さが如実に表れた。0-0の6回1死走者なし。マーカス・セミエンの打球は左翼線に転がった。アデルが追いかけたが、クッションボールが足元をするり。打者走者が激走する中、アデルは壁際を転がるボールに追いついた。しかし、今度は拾った瞬間にすっぽ抜け。なんとか返球したが、中継プレーも乱れてランニングホームランを献上した。

 米テキサス州地元局「バリー・スポーツ・サウスウェスト」公式ツイッターは、動画を公開。記録は1失策だったものの、米記者たちから2度のミスがあったことを指摘され、「リトルリーグホームラン」と紹介されていた。米紙「ロサンゼルス・タイムズ」はアデルのコメントを紹介。守備の穴を露呈し、こう語っている。

「彼(先発サンドバル)はもの凄く良い投球をしていた。自分はもっと上手くやらなければいけない。プレーを決めないと。シンプルなことだ。僕たちはやるべきことをやらなきゃいけないし、自分もやるべきことをやらなきゃいけない。明日は新たな日だ」

 反省しつつ、前を向いたアデル。この回、エンゼルスは追加点を許し、0-2とした。6回裏に1点を返したが、好投していた先発パトリック・サンドバルには痛い失点。結局、2-7で敗れ、「2番・DH」で先発した大谷翔平投手も4打数無安打だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集