[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

苦悩した前橋育英“10番”、13年ぶり優勝導く劇的弾 決勝前夜、仲間に伝えていた決意

これが10番の仕事だ! 試合終盤に決勝点を決めた小柄なストライカーは、カメラに向かって自身の背番号を強くアピールした。

13年ぶり2度目のインターハイ制覇を果たし、夏の王者となった前橋育英【写真:平野貴也】
13年ぶり2度目のインターハイ制覇を果たし、夏の王者となった前橋育英【写真:平野貴也】

全国高校総体サッカー男子、前橋育英が帝京を1-0で破り2009年大会以来の日本一

 これが10番の仕事だ! 試合終盤に決勝点を決めた小柄なストライカーは、カメラに向かって自身の背番号を強くアピールした。

 全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は30日に徳島県のポカリスエットスタジアムで決勝戦を行い、前橋育英(群馬)が1-0で帝京(東京)を破り、2009年以来13年ぶり2度目の優勝を飾った。後半のアディショナルタイムに唯一のゴールを奪ったのは、前橋育英の10番を背負うFW高足善(3年)。今大会初ゴールという待ちに待った10番の一撃が、チームを日本一に導いた。

 チャンスを作るが決めきれない展開が続き、大会中は気落ちする部分もあった。しかし、昨季10番だった笠柳翼(V・ファーレン長崎)から「10番は、お前に与えられたんだから自信を持て」などメッセージをもらい、立ち直れたという。主将を務めるMF徳永涼(3年)は「善も責任を感じていて、自分たちで夜にミーティングをやっているけど『明日、自分が点を取って勝つから、自分を信じてボールをくれ』と言っていた」と試合前夜の様子を明かした。

 高足は、身長158センチと小柄ながら、スピードと運動量に優れ、ドリブルシュートを武器とする。鋭い動き出しでパスを呼び込み、ゴールを狙い続けた。それでも、後半の立ち上がりのチャンスは相手GKに防がれ、後半12分にGKとの1対1の場面で放ったループシュートもゴール左へ。その3分後に前線でのターンから打ったシュートもGKに防がれるなど、なかなか決めきれなかった。ただ、ゴールを狙う姿勢は崩さなかった。

 大会中、高足が無得点で苦しんでいることは、チームの誰もが知っていた。最終決戦における高足へのオーダーは、ゴールを狙い続けることだった。山田耕介監督は「2回か3回、決定的な場面があったけど(クーリング)ブレイクタイムでも『大丈夫だ、3回決定的なチャンスを外しても1回決めればいいんだから。もう1回絶対にある』と言った」と背中を押し続けていた。

 そして後半アディショナルタイム、中盤のスローインを起点にしたプレーから右MF堀川直人(3年)のワンタッチパスを受けた高足は、中央から右前方へ得意のドリブルで運んでシュート。「最後はコースというより、気合いで打った」と振り返った一撃は、コースこそ甘かったものの、相手GKの手を弾いてゴールへ。高足はユニフォームを引っ張って番号を指し示すなど10番をアピール。「周りが見えなくて、やってやったぞという気持ちで、うるっときた。不甲斐ないプレーばかりで、10番としての責任を感じていた」と溜め込んでいた思いを爆発させた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集