[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

苦悩した前橋育英“10番”、13年ぶり優勝導く劇的弾 決勝前夜、仲間に伝えていた決意

今大会苦しんだFW高足善が後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールを決めた【写真:平野貴也】
今大会苦しんだFW高足善が後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールを決めた【写真:平野貴也】

殊勲のFW高足善「自分たちの最終目標は3冠」

 一番の武器が、最後に自分自身を助けた試合だった。5月、高足に自身のストロングポイントについて聞くと「小学生の頃から、運動量」と答えた。攻撃面で何度も相手のマークを外すだけでなく、守備でもファーストディフェンダーとして相手ボールを追いかける。常にボールに関わり続けることこそ、この男の真骨頂だ。

 夏場の連戦の最後の最後、そこまで走り続けてつかんだ得点機。春からずっと「チームを助けられる選手になりたい」と得点にこだわっていただけに、無得点の苦しさは大きかったが、持ち味を忘れずに挑み続けた10番が、その努力を知り、信じ続けた仲間の期待に応えた。

 自らのゴールで夏の全国優勝のタイトルを獲得したが、シーズンはまだ続く。前橋育英は、今季から念願叶ってユース年代最高峰のプレミアリーグに参加しており、EASTで4位と上位に食い込んでいる。そして、冬には全国高校選手権も控えている。高足は「自分たちの最終目標は3冠、満足せずに、もっとチームで切磋琢磨して、もっと強い育英を見せたい」と勝ち続ける意気込みを示した。得点で輝く10番の姿を、これからも見せ続けるつもりだ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集