[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「戦争を止めたい」 世界陸上を戦うウクライナ選手が涙目で告白「良いニュースを…」

オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子走り高跳び予選では、東京五輪4位のイリーナ・ゲラシチェンコ、同銅メダルのヤロスラワ・マフチフ(ともにウクライナ)が決勝に進出。ロシアの侵攻を受ける母国への想いを明かした。

オレゴン世界陸上、女子走り高跳び予選に登場したヤロスラワ・マフチフ【写真:ロイター】
オレゴン世界陸上、女子走り高跳び予選に登場したヤロスラワ・マフチフ【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上が16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子走り高跳び予選では、東京五輪4位のイリーナ・ゲラシチェンコ、同銅メダルのヤロスラワ・マフチフ(ともにウクライナ)が決勝に進出。ロシアの侵攻を受ける母国への想いを明かした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 27歳のゲラシチェンコは最初に1メートル81をクリア。徐々に高さを上げ、4本目の1メートル93も跳んで見せた。20歳のマフチフもミスなしで1メートル93を跳び、ともにトップタイで決勝に進出した。

 ゲラシチェンコは首都キーウ生まれ。いつ日常に戻れるのか聞かれると、「私たちはその答えを知らない。戦争がいつ終わるのかわからないの。ロシアの大統領はクレイジーよ」と答えた。友人が軍隊入りしているそうで、「話はできるけど、頻繁じゃない。深刻な状況です」と明かし、少し涙目になりながらこう語った。

「この戦争を止めたい。信じられないし、酷いこと。子どもやアスリートを含め、国民が命を落としている。家が破壊されているんです。私たちはできることをして良いニュースを届け、戦争にもこの大会にも勝てることを信じています。サポート、ありがとう」

 五輪で2度のファイナリストになったゲラシチェンコ。シーズン後に故郷へ帰る予定だという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集