[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平しか勝たんエンゼルス「●→○大谷→●→●→●→●→○大谷→●→●→●→●→●→○大谷」の衝撃

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。球団ではノーラン・ライアン以来2人目となる4試合連続の2ケタ奪三振で、メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。5連敗を止めたエンゼルスは7月これで2勝目。前回も大谷が8勝目を挙げた試合で、その前の勝利投手も大谷。まさに“大谷しか勝たん”状態となっている。

6回、最後の打者を三振に抑えガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
6回、最後の打者を三振に抑えガッツポーズするエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

アストロズ戦で自己最多タイ9勝目、野茂英雄以来となる記録も

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。球団ではノーラン・ライアン以来2人目となる4試合連続の2ケタ奪三振で、メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。5連敗を止めたエンゼルスは7月これで2勝目。前回も大谷が8勝目を挙げた試合で、その前の勝利投手も大谷。まさに“大谷しか勝たん”状態となっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷がまたも連敗ストッパーになった。投手としてはこの日も奪三振ショーを展開。最速101マイル(約162キロ)の剛速球に、この日はスライダーも冴えた。球団ではノーラン・ライアン以来、日本人では野茂英雄に続き2人目となる4戦連続の2ケタ奪三振。4回の失点で連続無自責点イニングは32で止まったが、2013年に岩隈久志(マリナーズ)がマークした31回2/3を抜き、日本人最長記録を樹立した。

 さらに2回2死一、二塁の打席では相手先発ハビエルの96マイル(約154.5キロ)直球を引っ張り、右翼線への2点三塁打で自らを援護。地区首位の強敵アストロズを相手に、投打で躍動した。7-1で勝利したエンゼルスは、7月6日(同7日)に大谷が8勝目を挙げたマーリンズ戦以来、チームとして月間2勝目。さらにその前の勝利も6月29日(同30日)に大谷が7勝目をマークした時だ。直近13試合で3勝10敗だが、3勝全てで大谷が勝利投手になった。

 6月9日(同10日)のレッドソックス戦で投げては7回1失点、打っても決勝の2ランを放ち、球団ワーストの14連敗を止めたのも大谷だった。大谷の活躍が目立つエンゼルス。浮上のため、他の選手の奮起にも期待したいところだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集