[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「アンビリーバブル」4連発 大興奮のLA実況席「大男が自分を助けたぞ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。快投を続ける自身を援護する一打に、エンゼルスOBは「アンビリーバブル!」を4連呼。最敬礼を捧げている。

2回に適時三塁打を放ち、三塁へ滑り込むエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
2回に適時三塁打を放ち、三塁へ滑り込むエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷はアストロズ戦で投打に躍動

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。1点リードの2回、第2打席で2点三塁打を放った。快投を続ける自身を援護する一打に、エンゼルスOBは「アンビリーバブル!」を4連呼。最敬礼を捧げている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 勝負強さが光った。1点リードの2回2死一、二塁のチャンスで2度目の打席に入った大谷。地元ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の中継画面で、1974年以降の記録としてメジャー300打席以上を記録した選手では、史上最高の得点圏長打率.621という大谷の驚異的な成績を紹介した直後だった。

 相手先発ハビエルが投じた内角96マイル(約154.5キロ)直球をとらえて右翼線へ運ぶと、実況のパトリック・オニール氏は「オオタニがライト線を破る。大男が自分自身を助けたぞ! 1点入る。オオタニが2点適時三塁打だ! ヘイローズ(エンゼルス)が3-0でリードだ! カモーン!」と絶叫した。

 続いてエンゼルスOBで、メジャー通算132勝を誇る解説者マーク・グビザ氏は「バッチリだ! ショウヘイが得点圏にランナーを置いた状態でライトに三塁打で2点追加です! アンビリーバブルだ! アンビリーバブルな数字だ! アンビリーバブルな選手だ! アンビリーバブルなほど振りが速い!」と大興奮。メジャー最高の得点圏長打率という勝負強さを実証する一撃に「アンビリーバブル」を4度も連呼して喜んでいた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集